二重包囲網の完成

一重包囲は「その場の敵を包囲する為にその後方の目標を奪取すること」

二重包囲は「一重包囲に加えて敵の増援を阻止するため、さらに遠方の目標をも奪取すること」となる。

普通、一度酷い目にあった人物に対しては、距離を取るものである。旧日本軍は同じ戦法を何度も繰り返し、何度も敗れた。自己を顧みることなく、勝利を妄信すれば結末は明白である。同じ失敗を繰り返す人間を愚者という。

織田信長本陣の上に金の瓢箪がある。これは羽柴秀吉軍であり、山の中に隠れている。馬防作は二重になっている。匿名犯罪者が単独でない場合、効果的に共犯者が弁護士を通じて合流すれば一網打尽となる。犯罪者を『化』として、囲めば救援の為に共犯者や幇助者が救援にくる。平成29年6月に匿名犯罪者が逮捕された。後は誰と弁護士事務所を通じて関連性があるかを調査していくだけ背後関係を知ることができる。君子危うきに近寄らず、という言葉がある。君子は危険な行為をしないが、匹夫は自分の力を知らない為に好んで危険な行為を繰り返す。非常に貴重な情報が得られた。

中国とインドの対立が深刻化、「売り言葉に買い言葉」で双方… – Record China

中国がインドに警告「深刻な結果を招かぬよう部隊を撤退させよ」 – ライブドアニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です