気候変動から人類を救えるかどうかは次の3年が勝負だと専門家らが警告

科学者たちが訴える「次の3年」というのは、パリ協定で定められた地球温暖化対策が始まる2020年までの期間を示します。アメリカのパリ協定離脱を鑑みると、「次の3年」は政治・経済的な意味でも重要ですが、物理的な意味でも重要な意味を持ちます。2017年4月に発表されたカーボントラッカーの報告によると、この3年間で二酸化炭素の排出量が上昇あるいは現状のまま横ばいであれば、2020年以降にパリ協定で定められたゴールを達成することはほぼ不可能になってしまいます。同様に、2015年に採択された持続可能な開発目標(SDGs)が実現できる可能性も小さくなってしまうとのこと。
出典:気候変動から人類を救えるかどうかは次の3年が勝負だと専門家らが警告 – GIGAZINE

人類は自然の力よりも170倍速いペースで地球の気候を変えている – GIGAZINE

世界各地で大雨が続いている。鍋の温度が上がれば水の対流は激しくなる。自律分散型エネルギーや電動自動車の配備が急がれる。

ノルウェーが電気自動車で快挙、シェア4割へ- スマートジャパン

ボルボ、2019年から全モデル電動化へ…2021年までにEV 5車種を発売 | レスポンス(Response.jp)

高齢化の進む日本の「引きこもり

世界は進歩しているが日本人の未来は2つに別れた。引きこもりと冒険者だ。家や国内に引きこもって、どんな未来があるのだろう?

「小池チルドレン」のポンコツ議員たち 大麻擁護、華僑秘伝コンサル… – エキサイトニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です