文明崩壊と生存戦略

<アメリカのパリ協定離脱を批判したホーキング博士が、地球の「金星化」を予言。さらにこれを裏付けるデータも>

著名な理論物理学者スティーブン・ホーキング博士が、人類に警告を発した。地球上の気温はいずれ250度まで上昇し、このままだと手遅れの状況になる可能性があるという。

7月2日に母校のケンブリッジ大学で行われた75歳の祝賀記念講演でホーキング博士は、アメリカの「パリ協定」からの脱退が原因で、地球上の気温上昇が加速するとの見方を示した。人類にとっての最善策は、他の惑星を植民地化することだと語った。ホーキング博士は「地球温暖化は後戻りできない転換点に近づいている」と指摘し、ドナルド・トランプ米大統領によるパリ協定脱退の決断がさらに地球を追い詰めることになると非難した。気温は250度まで上がって硫酸の雨が降るという、まるで金星のように過酷な環境だ。

出典:「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホーキング博士 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

出典:東電説明に「ウソだもん、これ」規制委激怒|日テレNEWS24

存在しないフリーエネルギーに騙されて不法行為を繰り返すのも、東京電力に騙されるのも、社会全体を麻痺させ地球を金星のように破壊する行為である。生命の本能は生存領域を拡大させ、存在し続けることである。地球を破壊するのが確定すれば、space colony政策が加速する。

ブラックチューズデー。暗号通貨市場はビットコインとイーサリアムが下落し、250億ドルを失う | マネーボイス

問題の本質は「米ドル基軸通貨体制」にある

しかし、実際に調べると、状況はまったく異なっていることが見えてくる。サウジアラビアとイランの対立が、カタール断交の背景のひとつにあることは間違いないが、はるかに重要な状況がある。それは、アメリカ覇権の実質的な基盤であるドル基軸通貨体制をめぐる本質的な対立である。これは、サウジアラビアが6月22日、カタールに突き付けた13項目の条件を見ると見えてくる。日本では、テロ組織の支援の停止、放送局アルジャジーラの閉鎖などが項目の主要な内容とされているが、この問題の危険な実態は、実はそんなものではない

出典:「ドル基軸」だけは譲れない?日本人が知らないカタール断交、真の理由=高島康司 | マネーボイス

目先の問題に拘泥し、気候変動を軽視し、自滅する人間もいる。ネットでスペクトラム症の患者が発言すれば、軽度の自閉症やアスペルガー症候群(AS)の人間がクラスター(群れ)を形成する。真実も報道するが嘘も報道するマスコミではなく、真実の比率が高い法廷を傍聴しなければならない。日本人の格差は、真実を知るか、真実を知らないか、それによって未来が分岐した。妄想の世界に生きる限り、現実の世界では生きられなくなる。

『幻想的願望充足』ネットで顕著な「パラノイア構造」 共通の敵を作り一致団結 – エキサイトニュース

弁護側は証拠調べで「集団ストーカーをやる輩がいなければ本件犯行は起こりえなかった」とする寺内被告の主張を明かした上で「統合失調症に罹(り)患(かん)していた可能性が高い」と指摘した。公判では責任能力の程度が争点となっている。検察側は、寺内被告が自閉スペクトラム症だったとした上で「背景的要因に過ぎない。

【埼玉少女誘拐】「集団ストーカーに遭っていた」 支離滅裂な寺内樺風被告 弁護側は統合失調症と主張 – 産経ニュース

<高知地方裁判所>
2017/8/28(月) 16:00 開廷
被告:山内敏史(代理人も法廷には来ない)
(物証フリーエネルギー装置の尋問へ)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

出典:東海地方で局地的大雨 愛知・岐阜で浸水被害:朝日新聞デジタル

人の数だけ正義があるとしても、社会の秩序を維持するためには基準が必要であり、それが法律である。存在しない物証を証明することは不可能である。日本民族の維持にかけて四国方面の入会希望者は、2017/8/28(月) 16:00 高知地方裁判所開廷へ集おう。我らは大軍であり、人員は足りている。これは真実を知り遅れた人への慈悲である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です