災害用エネルギー装置と警察調査

出典:試乗感覚、VRで味わう 輸入車メーカー、活用広がる:朝日新聞デジタル

出典:梅雨空ウィークへの前奏曲?燃えるような夕焼けに – ウェザーニュース

長野県南部で震度5強、震度4も2回…2人けが : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

日本にいる仲間から欧州連合及び米州にいる我々に連絡が来た。日本の刑事数名が被害者宅を訪れ160分前後の調査を行った。その時、水素エネルギードライブの実証(2時間以上)を体験してもらった。災害用エネルギーとして、米軍及びドイツ潜水艦隊に続き、日本の警察、消防、病院への導入に対して最大の障害がいくつもの裁判で敗訴している被告たちである。彼らの特徴は裁判でも警察の調査でも物的証拠(水素エネルギードライブのような現物装置)を全く提示しないことである。存在しない妄想の産物であるから証拠主義の裁判で勝利することは不可能である。

日欧EPA、日本側が関税9割超を撤廃の方向(読売新聞) – goo ニュース

 本書の帯にあるように、

2020年 女性の半数が50歳超え
2024年 全国民の3人に1人が65歳以上
2027年 輸血用血液が不足
2033年 3戸に1戸が空き家に
2039年 火葬場が不足
2040年 自治体の半数が消滅
2042年 高齢者人口がピークを迎える
などを各種の信頼できる統計資料から示す。

真実を知らねければ、正しい行動を取ることは不可能である。広辞苑3冊分に匹敵する膨大な犯罪調書は確実に日本史に残るだろう。高知地裁では被告Aの犯行は既に確定しているが、被告Bが共犯者であるか犯罪幇助者であるかは被告Bが警察の家宅捜査もしくは自発的に裁判所に持参するフリーエネルギー装置で決まる。本人は多くの文章及び東京ビックサイトなどで実際に存在すると発言している。ならば、警察もしくは裁判所で現物を見せる以外に証明方法はない。水素エネルギードライブは発電装置として使えば、1時間に500ワット装置で100万円であり、耐久性は最低2万時間である。年間発電量は4380kWhであり、ほぼ自炊が可能である。小規模ソーラーパネルと組み合わせると120%の自給率が可能である。ただし、水素燃料であるハイドライドは高額であり、軍事利用が最優先となる。朝鮮半島での有事は近い。

日本が中国陣営に対抗できるかどうか、それを知りたければ裁判を傍聴することだ。

(取材は遠距離からのカメラ撮影限定)
<高知地方裁判所>
2017/6/26(月) 16:30
被告:山内敏史(代理人も法廷には来ない)
被告:中原正
代理人:徳永信一
関連情報サイト
上記事情によりマスコミ撮影を優先

突然だが、皆さんは中国に行ったことがあるだろうか。
おそらく、行ったことがある方と行ったことがない方の間で評価がここまで大きく分かれる国は他にないのではないかと思う。行ったことのない方にとっては、メディアの影響からか社会主義の国であり、国内では自由がなく、コピー製品に溢れているという印象だろうか。もちろん地方都市ではそのようなエリアもまだ存在するだろうが、上海や北京に限って言えば、間違いなくその評価は正しくない。
実際、筆者は年に2~3度中国(北京または上海)に行く機会があるが、そこは日本でもなかなかないほどの高層ビル群であふれ、それでいて世界でも有数のIT先進国であると感じる。日本と同じアジアであるにも関わらず、その広大な国土も相まって、まるでアメリカのように感じられてしまうのである。

出典:【コラム】半年後には別の国?日本人の多くが誤解しているであろう中国のIT | RBB TODAY

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です