2022年問題

今から5年後に起こるであろう、「2022年問題」をご存知でしょうか。端的に言うと、都市圏にある農地の一部が放出されて膨大な数の住宅が建築され、不動産価格が下落するのではないかと言われている問題です。

出典:郊外に家を買いたい人はチャンス?不動産の「2022年問題」 – ライブドアニュース

大規模な人口減少が日本で発生しています。日本の若者は裁判を傍聴せず、政治活動もしません。これが未来がなくなった理由です。

政治活動にほとんど参加しない日本の若者 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

崩れ去る「中流」の夢…。貧困が広がる中で生活困窮者バッシングはなぜ起こる? | ダ・ヴィンチニュース

若者「貧困世代」3600万人。震源地は“雇用”。ワーキングプア、過労死、ブラック企業…日本で「まともな働き方」が喪失 : BIG ISSUE ONLINE

2020年、女性の半数が50歳を超える。2024年、全国民の3人に1人以上が65歳以上になる。2033年、3戸に1戸が空き家になる。2040年、自治体の半数が消滅する――将来の人口を分析してみると、日本の未来はかなり正確に予測できるのだ。(略)
2035年までに、首都圏でも高齢者が激増!
少子化は警察官や自衛隊員、消防士といった「若い力」を必要とする仕事の人員確保にも容赦なく襲いかかる。若い力が乏しくなり、国防や治安、防災機能が低下することは、即座に社会の破綻に直結する。
2050年頃には国土の約2割が無居住化すると予測される。さらに時代が進んで、スカスカになった日本列島の一角に、外国から大量の人々が移り住むことになれば、武力なしで実質的に領土が奪われるようなものだ。
人口減少にまつわる日々の変化というのは、極めてわずかである。「昨日と今日の変化を指摘しろ」と言われても答えに窮する。影響を感じにくいがゆえに人々を無関心にもする。だが、これこそがこの問題の真の難しさなのだ。ゆっくりとではあるが、真綿で首を絞められるように、確実に日本国民1人ひとりの暮らしが蝕まれてゆく──。

出典:もうすぐ、日本人が「絶滅危惧種」になる日がやってくる(河合 雅司) | 現代ビジネス | 講談社

自分の現実(妄想)と世界の常識を知るには、法廷や政治(朝廷)に参加することである。そして、参加者が少なければ、行き着く先は隣国の工作員によるイギリス化である。島国の未来は概ねそうなる。

「日本の生産性」は、どうして低すぎるのか | 国内経済 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

イギリスのテロリズム法は実際、日本よりも厳しいといえるでしょう。例えば、アンジェム・チョードリーというイスラム過激派指導者が逮捕された事件がありました。彼は9.11テロ事件を賞賛し、イスラム教以外の人は殺害してもいい等と発言し、“ヘイト・プリーチャー”(憎しみの説教師)と呼ばれていました。彼自身はテロの実行犯ではありませんが、彼の影響を受けた若者がテロ事件を起こしたチョードリーはテロリズムを導いたとしてテロリズム法で逮捕され、2015年に懲役5年半の有罪判決を言い渡されました。

出典:テロ多発で『人権より安全』になってしまった“世界最先端の監視社会” 週プレNEWS[週刊プレイボーイのニュースサイト]

上述の内容がネメアーの獅子との戦いに参加する人が増えている理由

議員約200人がトランプ大統領を提訴 現職大統領への提訴で過去最大規模 – ライブドアニュース

<傍聴人集合場所>
高知地方裁判所
2017/6/26(月) 16:30
被告:山内敏史
代理人:徳永信一
関連情報サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です