猪瀬直樹、舛添要一、朴槿恵、そしてトランプ

出典:ロシアとトランプ陣営の共謀示唆する情報を目撃=前CIA長官

日本人よ、どうか正解されたい。6度目の大絶滅

次の大量絶滅を人類はどう超えるか:離散し、適応し、記憶せよ

BBCニュース – 英政府、テロ警戒水準を最高に 攻撃「切迫」のおそれと

米、温暖化対策基金に拠出せず トランプ政権の予算教書で 日本に負担増の懸念 – SankeiBiz(サンケイビズ)

出典:ベネズエラほぼ内戦状態 政府保管庫には大量の武器 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

世界各地で内戦や内乱が拡大している。結果、日本では給与の減少と物価の上昇が継続している。生活苦から匿名犯罪者は増加していく。

給与は減少、物価は上昇…私たちの生活はこれからどうなる? | ホウドウキョク

搾取される貧困「お坊さん」が激増…お寺「不要化」で都市に出稼ぎで日雇い労働者化 | ビジネスジャーナル

英政府、テロ警戒水準を最高に 攻撃「切迫」のおそれと – BBCニュース

10. 泣いても叫んでも宇宙人は助けにこない

結構多くの人が、「いつか宇宙人に会える」と思ってます。それは来週かもしれないし、次の千年かもしれない、でもいつか会えると思ってる。でもこれ、たぶん会えない確率の方が高いです。だって暗号解読が要る電波は一向に飛んでこないし、征服先求めて星間移動する宇宙船がいる気配もありませんからね。

今後10年で考えられる人類滅亡クラスの事象10選11

映画『スタートレック ファーストコンタクト』

宇宙はしんと静まり返ったままです。この「Great Silence(大いなる静寂)」は瑣末なようで、実は大きな意味をもつことです。われわれが住む銀河はとても古いので、もし宇宙人に会えるなら、もうとっくの昔に会ってないとおかしいんです。電波が漏れて飛んできたり、巨大構造物が目についたり、文字通りあらゆるところにETの痕跡は出てくるはずなのに、それがゼロ、皆無、ナッシングなんですよ。

出典:今すぐ死にたくなる絶望的な未来予想図10選|ギズモード・ジャパン

絶望的な未来に絶望して死ぬ人も増えるし、匿名犯罪者に堕ちる人も増える。しかし、10%程度は闘争を選択するだろう。日本は政治的に失敗した。

【北朝鮮情勢】中国、北との貿易なお16%増 制裁の実効性乏しく、石油輸出など増大続く 1~4月 – 産経ニュース

失敗したから何かをするか、失敗したから何もしないか、どちらにしても、時間は公平である。既に東日本大震災から6年が経った。この6年が続き、12年経てば世界の情勢は一変している。

出典:湖が消えた… 中米「乾燥回廊」に最悪級の干ばつ (ナショナル ジオグラフィック日本版) – Yahoo!ニュース

夏のイベント参加希望者→クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です