始新世となる地球環境

アラスカにヤシが繁り、北極でワニが泳ぐ

8℃の気温上昇というのは、昨年、パリで各国が合意した「世界の平均気温上昇を2℃未満に抑える」という目標をはるかに上回る数値だ。(参考記事:「【解説】COP21「パリ協定」勝ち組になったのは?」

これだけ気温が上昇すれば、アラスカにヤシの木が繁り、北極でワニが泳いでいた5600万〜5200万年前の始新世初期の気候に近い状況になるだろう。(参考記事:「気候変動 瀬戸際の地球 薄氷の北極海へ」

哺乳類は始新世という高温の時代を生き延びた。

出典:温暖化で平均気温8℃上昇の予測、北極が熱帯に | ナショナルジオグラフィック日本版サイト

出典:記録的な暑さ 最高気温5月1位の所も – BIGLOBEニュース

物事には、順番というものがある。貶(けなす、おとしめる)という漢字がある。頭が悪い人間は、貝(=お金)が少ないと、貶され、貶められると考える。しかし、実態は逆であり、貝(=お金)、乏(=正の逆文字)になることを意味する。簡単に言えば、財貨の値打ちを抑えて値をおとすことであり、派遣労働者やパート労働者のような弱い立場の人々の状態を示している。つまり、頭が悪い人間とは同じ漢字を使っても意思の疎通が難しい。U12(4) (アフタヌーンコミックス)この書籍に描かれている日本は、パラレルワールドの日本であり、匿名犯罪者対策が遅れていた時の日本列島の姿である。

(CNN) 世界各地の農作物の種子を集め、絶滅の危機に備えて保管している北極圏の貯蔵庫で昨年、入り口付近に水が流れ込んでいたことが22日までに分かった。種子に被害はなかったが、再発に備えて対策を講じているという。「スバルバール世界種子貯蔵庫」は、北極圏の永久凍土層に設けられた植物版「ノアの箱舟」。管理会社の報道担当者が発表したところによると、昨年10月に入り口から貯蔵庫へ向かうトンネルを約15メートル進んだあたりまで浸水した。例年より気温が高く、雨が多かったためとみられる。同担当者によると、現地では近年、地盤が緩くなり、永久凍土が解けるなどの変化が観測されている。管理チームが地元大学の気象学者らと協力して原因を調べているが、長期的な気候サイクルの一部なのか、今後さらに進行するのかは判明していない。とは言え、同社では万全を期して、入り口付近の変圧器を移動し、トンネルへの人の出入りを減らし、入り口の内側に防水壁を設けるなどの対策を講じているという。永久凍土は天然の冷蔵庫の役割を果たしている。貯蔵庫の電源がたとえ使えなくなっても、内部の温度はマイナス8度に安定し、種子を何十年も保存できるというわけだ。

出典:植物版「ノアの箱舟」、入り口付近が浸水 種子に被害なし (CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

日本人が最優先で行うことは真実の確認であり、そのためには匿名犯罪者の裁判を傍聴することである。これさえできないなら福島原発の廃炉は不可能である。信じようが信じまいがこれは真実である。

廃炉へ長い道のり=史上最悪事故のチェルノブイリ (時事通信) – Yahoo!ニュース

既にメンバーのほとんどが沖縄を除く日本列島から海外に移住した。これから放射能による疾病が激増する。つまり、匿名犯罪者を放置するほど、日本列島の放射能汚染は深化していく。そして、病人は増えていく。頭の良い人、金を持っている人などは順次、日本から離れていく。結局、匿名犯罪者と匿名犯罪者と戦わない日本人が同じ器の中に閉じ込められる。これが結末である。

海老蔵、自身の裸を見て涙の麻央に鶏肉野菜スープ 「すこし痩せたと気にしていたので」 – 芸能社会 – SANSPO.COM(サンスポ)

出典:稚魚まで食べるブラックバスの駆除も“リバウンド現象”で稚魚が急増 新たな対応を模索 琵琶湖 – 産経WEST

もし、日本の巨悪を駆除すれば、上記のようにリバウンド効果で匿名犯罪者が増加する。巨悪は犯罪者以外の日本人にも被害を与えている。しかし、匿名犯罪者の知能指数は平均的に低く、相対的に巨悪が捕食するのは匿名犯罪者(とその潜在者)である。統計的に匿名犯罪者とその家族は非常に似たメンタリティーと知能指数であった。ブラックバスは琵琶湖固有種のホンモロコを捕食するが、ブラックバスの稚魚も捕食する。凶悪(サイコパス)と匿名犯罪者の違いは、知能指数であり、犯罪係数の高さは同じである。住む世界が同じであるのだから、共食いが発生するのも道理である。だから群知能としての日本人は日本列島を放射能汚染させる。これは日本列島という巣から日本人を海外に雄飛させるために必要だからだ。狐の世界では、8月になると親狐が小狐を激しく攻撃して巣から追い出す。実りの多い夏から秋にかけて巣立ちをさせるためである。子狐は知能指数が低いために、親狐が強制的に巣立ちをさせる。これが群れ単位で発生するのが群知能である。つまり、匿名犯罪者の裁判を傍聴する人間が一定の域値を超えるまで、福島原発の廃炉は全く始まらない。誰も強制しないし、誰も妨害しない。何故なら、日本列島に住み続ける日本人の未来を決めるのは、日本列島に住んでいる日本人の行動だからだ。

<傍聴人集合場所>
高知地方裁判所
2017/6/26(月) 16:30
被告:山内敏史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です