匿名犯罪者と「2020年アメリカ内乱」

もしトランプが失脚すると?

だがトランプが弾劾されると、これが引き金となり、アメリカの分裂が一層深刻になり、取り返しのつかない事態になるのではないかと懸念する声も多い。それというのも、トランプ政権の主要な支持母体であるオルトライト(オルタナ右翼=主にネット発の保守勢力で、白人至上主義など過激な主張を掲げる)を代表し、政権内で依然として大きな勢力を維持している主席国家戦略官、スティーブ・バノンの一派は、トランプ政権をワシントンの支配層を一掃するための革命政権としてとらえ、既存のシステムの抜本的な改革を目指しているからだ。もしトランプが弾劾されたならば、バノン一派は野に下り、オルトライトや没落した中間層と一緒になり、過激な政治運動を展開する可能性がかなり高い。トランプが大統領に留まり、バノン一派がホワイトハウスで強い勢力を維持している間は、過激な革命思想を信じるオルトライトは政権内でコントロールされる。しかし、トランプが弾劾されると、このコントロールが効かなくなるということだ。

Next: 「トランプ大統領は必ず弾劾される」複数の専門家が口々に警告

後数年でサウジアラビア、ロシア、イスラエルの外貨は枯渇する。その為にアメリカ内乱を企て、その結果としてトランプ政権が誕生した。古今東西、権力(軍事力、警察力、裁判所など)による政治体制もあるし、思想(共産主義イデオロギー、イスラム教教義など)による政治体制もある。現在、世界で主流なのはスポンサー広告に依存した資金による民主主義体制である。

2013年に発表された2012年のランキングは世界167か国・地域を対象にしており、1位ノルウェー、2位スウェーデン、3位アイスランド、4位デンマーク、5位ニュージーランドと、北欧諸国が上位を占めている。最下位(167位)は北朝鮮で、166位ギニアビサウ、165位チャド、164位シリア、163位サウジアラビア。日本は23位で、韓国(20位)やアメリカ(21位)よりは低くベルギー(24位)やスペイン(25位)よりは高いという位置付けがされている。

トランプ政権を生み出したのはイスラエル、サウジアラビア、ロシアであり、調査により証拠が確保された結果の反作用として『弾劾裁判』が可決するのは不可避となった。ネットに潜む匿名犯罪者は通常の方法で社会的底辺から抜け出すことが困難な貧困層である。20世紀のスラム街であり、共産革命を引き起こした労働者階層の苗床である。共産革命の土台は資本主義の欠陥であったが、資本主義に欠陥があるのは正しいが、それが共産主義が正しいことにはならない。クリントンが嘘つきなのは正しいが、それでトランプが誠実である証明にはならない。マクロンも、ルペンも、どちらを選択してもフランス第五共和政が崩壊することになるのと同じである。テスト問題で1と2のマルバツ問題があるなら、1と2の両方にバツをつけるしかない。

アメリカ軍兵士
「日本兵を発見するのは難しいが、一度姿を見せれば勝ち目はない。格闘戦はひどく苦手である。」
「私の印象では日本兵は米兵のような闘志(guts)を持っていなかった。格闘戦ではすぐに音を上げた。」
・精神力が弱い、将校がいなければ自分で動けない指示待ち人間

ビルマ戦線のイギリス軍
「日本軍の虚を突くと、奴らは全然戦う準備をしていない。奇襲するとパニックに陥り、叫び、逃げる。」

IB
「日本軍の将校は恐ろしく有能です。彼を欠いた兵たちなどとるに足りません。」

元捕虜のアメリカ兵
「日本兵は頭脳と自分で考える力を考慮に入れる限り、三流の兵隊だと思う。
私は数人の、どの陸軍でも通用する兵隊に出会ったが、それはあくまで数人にすぎない。」

出典:アメリカ軍イギリス軍「日本兵は弱兵」 | ログ速

この報告は日本人の短所を明確に示している。ビジネスにおいても、家電から自動車に至る壊滅は既に約束されている。「日本の電機全滅」はなぜ起きたか 本当の要因(大西 康之) | 現代ビジネス | 講談社

通常、野戦においては火砲の打ち合いにより始まる。これは現代のビジネスにおいては生産性の高さ(時間あたり賃金の高さ)であり、先進国において賃金の低い日本は資本の限界効率が低い。つまり、政治分野や学術分野に有用な人材を投入しなかったことにより、貧困化が社会全体に拡大した結末である。この火砲(資本の限界効率の低さ)に対して、日本企業が行ったのがニッチ市場及びブラック企業化(夜戦)である。マイクロソフトやアップルやアマゾンが手を出さないニッチ市場を狙うか、ブラック企業化するか、塹壕(規制産業)に篭るか、いずれかであった。このようなセコイ戦術に対して、欧米企業は突撃破砕射撃を行い、日本社会は貧困化がさらに拡大し、人口減少に歯止めがかからなくなった。(下記イメージ図)

北朝鮮問題の軍事的解決、「想像絶する悲劇」引き起こす=米国防長官 | ロイター

軍事的に核兵器を持たない日本は、アメリカの内乱によってロシア、中国、高麗連邦の核兵器に対抗できなくなる。日本においては、サイバー陸軍はネット犯罪対策を行い、サイバー海軍は対外交渉を受け持っていた。幸い日本のネット犯罪対策は早期に完成した為、いち早く黒の騎士団はドイツに展開することで、プーチンとトランプによる嘘ニュース戦術によるヨーロッパ連合に対する挟撃戦略に対抗することができた。(真実 VS 脱真実)

次のサイクルは2020年か?

19世紀の後半以来アメリカは、このようなサイクルを50年毎に繰り返している。これは上のような状況が、アメリカでは50年ごとに臨界点に達していることを現わしている。そして、社会騒乱の次のサイクルがやってくるのは2020年前後になる。ターチンは、現在のアメリカにおける格差は、ひとつ前の社会騒乱の時期であった1970年の時点よりもはるかに巨大であるため、このまま格差が是正されないと、2020年代の社会騒乱は予想を越えた激しいものになる可能性があると警告している。これが歴史学者、ピーター・ターチンの予測である。この予測の元になったのは、再帰的なパターンを歴史に見る手法だが、ターチンはこれを「クリオダイナミックス」というモデルとして理論化している。ターチンが、近代アメリカのこのような政治変動のサイクルを発表したのは2010年であった。その予測が、2016年の大統領選挙とトランプ政権の成立に伴う大きな社会的混乱をきっかけとして、あらためていま大変に注目されているのだ。

出典:専門家が予測するトランプ失脚と「2020年アメリカ内乱」のシナリオ=高島康司

出典:【トランプ政権】前FBI長官が米議会で証言へ トランプ氏、露外相に「圧力取り除かれた」 – 産経ニュース

日本では裁判での訴訟戦が増加し、アメリカでは銃器による戦いが増加する。朝鮮半島や台湾、フィリピンでは海軍力による衝突が発生するだろう。つまり、日本国内に限れば匿名犯罪者との訴訟を行うことで安定した老後が約束されるということだ。

「南シナ海で石油採掘なら戦争」習主席に警告された | NHKニュース


<傍聴人集合場所>
高知地方裁判所
2017/6/26(月) 16:30
被告:山内敏史
証拠:奈良県公安委員会(奈公委第114号案件)
○席上、山内母親は山内敏史は3/8の奈良県警西和警察署による事情聴を受けて以来ショックで日中は寝込み、夜中に起きて水を飲んだり、iPhoneでネットを閲覧しては記事内容について喚き散らす有様で、裁判官が精神科に診察を受けたのかと質問したら、一度も連れて行っておらず、連れて行った時の悪影響を恐れるということでした。
備考:映画化が進んでいますが、被告に対する検察審査会員や補充員は抽選で選ばれた一般人ですから取材はできません。(情報開示規制)

押川剛のノンフィクション「『子供を殺してください』という親たち」のコミカライズ連載が、本日2月21日に発売された月刊コミック@バンチ4月号(新潮社)にてスタートした。マンガを手がけるのは「ダンダリン一〇一」「銀座からまる百貨店お客様相談室」の鈴木マサカズ

原作者の押川が設立した株式会社トキワ精神保健事務所は、病識のない精神疾患者を説得し、適切な医療につなげるという活動を展開している。2015年に刊行された「『子供を殺してください』という親たち」では、心を病んだ子供と親についての壮絶な事例を多数紹介し話題を呼んだ。マンガ版第1話ではエリート一家に生まれながらも、過度の教育圧力によって妄想に取りつかれ、暴力を振るうようになった男が登場する。今後は原作にはない新たなエピソードも盛り込まれる予定だ。

出典:精神を病んだ子供とその親のノンフィクション、@バンチでマンガ版が開幕 – コミックナタリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です