海の王子さま

出典:メルケル独首相の与党、主要州議会選で勝利 連邦議会選の前哨戦

昨年11月の選挙でのトランプ勝利後、ドイツ市民権を再取得するユダヤ系アメリカ人が急増している。彼らは、ヒトラー政権下で不当にドイツ市民権を剥奪され、アメリカに渡ったユダヤ人の子孫だから、歴史の皮肉としかいいようがない。  反ユダヤ的事件と比例して申請が急増 ドイツ基本法116条2項では、1933年から45年のあいだに政治的、民族的、そして宗教的理由によって市民権を剥奪された元ドイツ国民に、市民権を再申請する権利を認めている。同法はその子孫にも適用される。
出典:トランプ政権下、ドイツに戻るユダヤ系アメリカ人が急増の皮肉 ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

太平洋戦争で勝利するには、陸海軍の垣根を取り払う為に『空軍』の設立が国内的には必須であり、日英同盟の復活が外交的には必須である。

 [まとめ買い] アルキメデスの大戦(ヤングマガジンコミックス)

ヒトラーは人種的偏見により同じゲルマン系のアングロ・サクソンとの同盟もしくは協商を希望していた。問題となるのは、イギリスの説得に成功するかどうかである。日本海軍が2つあれば、アメリカ海軍を圧倒することが可能だった。ミッドウェイ海戦で日本海軍は4隻の空母、アメリカは3隻の空母だったが、2倍だと8隻と3隻である。マリアナ沖海戦でも、航空戦力を比べると、日本機動部隊の陣容は大型正規空母3隻、改装中型空母2隻、改装小型空母4隻の合計9隻である。対するアメリカ側は、第58任務部隊だけでも正規空母7隻と軽空母8隻の計15隻の空母を有しており、艦載機の搭載数は日本軍の倍に達している。ここに基地航空隊として、スピットファイヤーやイギリス製空軍レーダーによる航空管制があれば互角程度には戦えた。少なくとも史実のような一方的な敗北はなかっただろう。

眞子さま、ご婚約報道で「海の王子」HPがパンク状態…将来の夢「外交」と記す/芸能/デイリースポーツ online

佳子さま留学に高い注目度 イギリスでの風当たりが強い背景 – ライブドアニュース

ほとんど役に立たない男の老害大臣を尻目に非常に重要なミッションをクリアーしている日本人もいる。普通の日本人は、海の王子を知らないだろう。しかし、紺碧の艦隊はロシアのスパイを轟沈した。

出典:カリフォルニア独立運動のリーダーはなぜ「ロシアに寝返った」のか|「カレグジット」いきなり頓挫の裏事情 | クーリエ・ジャポン

この撃破によって、沈没した船団からトンデモナイ情報が露呈した。

ニクソンより深刻な罪を犯したトランプは辞任する | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

CNN.co.jp : トランプ氏支持率、40%割れ続々 共和党にも危険水域に

チョムスキー教授「共和党は人類史上最も危険な組織」 – BBCニュース

日本国内では、高麗民主連邦共和国に組する勢力が跋扈しているが、司法により順次逮捕され裁判で真実が露呈する。家庭内ヤクザであり、部屋の隅の呂布と言われる「ヒキコモリ」が生み出したクラスター(インターネット上のアクセス記録網)が21世紀の犯罪係数を決める。いよいよ鹵獲した艦船を再編した紅玉艦隊のステージである。

「子供を殺してください」という親たち(新潮文庫)

韓国人「日本のお前らに見る韓国の未来」 : カイカイ反応通信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です