猟犬と家畜の國

 

猟犬とは家畜を監視する役割を持つ犬であり、家畜とは飼育して利用される動物である。猟犬の國を読めば、日本国における階層構造が理解できる。

出典:衰退する日の丸半導体=東芝売却、難しい生き残り:時事ドットコム

日本の総人口は毎年20万人づつ減少し続け、労働人口は80万人つづ減少している。この数は今後は急激に増大する。家畜は減少するが、猟犬の数は想定的に増加し続ける。足を引っ張り続ける家畜の減少は、社会的には多くの変革を生み出す。悲惨になるのは、衰退期に突入したアメリカ合衆国である。日本国は家畜の数が減少することで回復期に突入する。猟犬と家畜の差は一目瞭然であり、戦闘力の高さ(戦いの勝敗実績)で数値化できる。戦わない限り勝てないし、引きこもれば戦闘力が低下し続ける。

20代長男はなぜ自宅を占拠し両親を奴隷化したか | 経済プレミアインタビュー | 編集部 | 毎日新聞「経済プレミア」

福島山林火災:なおも延焼中 放射線対策で多難な消火作業 – 毎日新聞

さらに問題なのは、そんな状況に自分を追い込みながらも、周囲の人がなんとかしてくれるべきだと考えている点だ。つまり、自分の人生なのに、自分ではどうにもならないと考え、なんでも他人のせいにしようとする。そうした姿勢は、現在のアメリカの経済的展望とは別個の問題だといえる。

出典:トランプを支持する「負け犬白人」たちの正体 | アメリカ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

出典:臨戦態勢ならば、潜水艦や航空機からの攻撃に備えてそれぞれの艦艇は15キロから20キロも離れて配置するのが当たり前だからである。空母の周囲を艦艇が守るように並ぶ映像は「フォト・エクササイズ(写真用訓練)」と呼ばれる。相当ヒマか、安全が確保されている場合に限定される。「北朝鮮危機」はあざとい猿芝居だ! 日米朝「形だけ」の演出(半田 滋) | 現代ビジネス | 講談社

アップルやグーグルといった新興企業が天を駆けるように成長するのを指をくわえて眺めているだけならまだしも、サムスンや鴻海といった、かつては歯牙にもかけなかったアジアの企業にも追い抜かれるようになって、日本的経営の神話に暗い影が差してきます。そしていま、日本を代表するエスタブリッシュメントで、歴代の経団連会長を輩出した東芝が巨額損失によって解体の危機に瀕しています。2015年に発覚した粉飾決算では、大胆なリストラをしようとすると各部門が抵抗し、過去の不祥事を表に出すと名誉職に就いているOBが騒ぐので、経営陣はなにもかも穏便に抑えようとして身動きがとれなくなる「病巣」が指摘されました。今回は、7000億円もの損失を、原子力事業担当の会長が報告するまで誰も気づかないという信じがたい「ガバナンスの不在」が明らかになりました。日本の会社は「正社員の共同体」で、サラリーマンの勝ち組である経営陣の既得権に触れることは最大のタブーでした。その経営者が実は会社を「統治」などしていないことを暴いたエポックメイキングな事件によって、「素晴らしき日本的経営を守れ」と叫ぶヘンなひとたちもようやくいなくなることでしょう。

出典:“電通社員の自殺”と”東芝解体危機”が「日本的経営」賛美からの転換点になる[橘玲の日々刻々]|橘玲の日々刻々 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン

日本のマスコミは真実も報道するが、嘘も報道する。ネットは恣意的なデマゴーグのnest(蟲の巣)である。相対的にも、罰則による絶対的にも、最も真実に近い場所は法廷である。闘争に勝つためには真実を知らねばならない。真実の場所には戦士と勝利者が集まる。ヒルビリー・エレジー アメリカの繁栄から取り残された白人たちには負け犬が集まる。家に閉じこもる家畜の家畜の人生を生きるのも選択だし、野犬や猟犬になるのも選択である。真実はネットにはなく、無料のテレビ放送でも流れない。自らの足でのみ価値ある情報を得ることができる。それが猟犬の國の真実である。

高知地方裁判所 第二回法廷 平成29年5月10日11時〜
被告:中原正 / 被告:山内敏史

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です