執行官と給与差し押さえ

その名の通り、語呂合わせ(よういく=419)から、養育費について考える日ですが、2004年4月19日に民事執行法が改正されたことにも起因しています。従来は養育費の支払いが遅れるたびに裁判所に給与等の差押えの強制執行を申立てる必要があったのですが、この法改正により、一度の手続きだけで将来にわたって差押えができるようになりました。

出典:貧困化の一因にも。離婚による養育費の相場と未払い問題 離婚を考えている人は必読、「養育費の日」に子供の救済を考える | 投信1 | 1からはじめる初心者にやさしい投資信託入門

裁判で敗訴となれば債務が発生します。債務を弁済しないことは泥棒ですから海外だと債務刑務所に収監されます。日本の場合、裁判所で「執行文(債権者は、債務者に対して、この債務名義により強制執行をすることができる。)」を発行してもらうことで『執行官』(上記映像参照)が派遣されます。多くは雇用主との交渉で給与の差し押さえとなります。
日本の裁判では敗訴する可能性が高い被告は概ね解決金が高くついても社会的信用を重んじて和解します。実際に裁判で敗訴する人は少数ですし、敗訴した場合でも信販会社やローン会社から金銭を都合して即日弁済します。これは延滞金利が発生する上に強制執行が生じれば信販会社やローン会社からの借り入れが難しくなり、雇用主にも給与差し押さえによる負担が発生するからです。来月には執行官による強制執行の詳細が公開されます。

詳細な情報が必要な人は → クリック

財産開示手続とは?

不動産執行の場合には、対象となる不動産は公示されている登記事項証明書などでだれでも内容を調べることができます。しかし、特に債権執行において、債務者がもっている債権の第三債務者である勤務先、金融機関、取引先などがどこにあるのかを調べることは、事前にある程度聞いていない限り非常に困難と言えます。そこで、平成15年に民事執行法改正によって設けられたのが「財産開示手続」です。財産開示手続とは、相手が財産隠しを行うのを防ぎ、強制執行が行えるように所有している財産を自ら開示させる手続です。

出典:財産開示手続とは? | 強制執行サクッと早わかり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です