5月の強制執行と大物スパイ摘発

【ブリュッセル=井口馨】ドイツの検察当局は4月28日、スイス国籍のスパイの男(54)を逮捕したと発表した。
スイスやリヒテンシュタインの銀行は、他国の捜査機関の照会に容易に応じないことで知られ、脱税や資金洗浄の温床になっているとされる。独メディアによると独税務当局は、スイスやリヒテンシュタインの銀行から盗み出された顧客情報が入ったCDを買い取って脱税を摘発。スイス側が違法に流出したデータの利用に反発していたことから、スパイはCD購入に関わるドイツ側の担当者を特定しようとしていたとみられる。独有力紙ウェルトなどによると、男はスイスの情報機関「NDB」に所属。2012年以降、スパイ活動を続けていた疑いがある。

出典:スイスのスパイ、独で逮捕…脱税摘発巡り活動か : 国際 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

第一次世界大戦は塹壕による陣地戦でしたが、第二次世界大戦は戦車や航空機など機動部隊による機動戦でした。冷戦(第三次世界大戦)は核兵器による陣地戦だとすれば、非対称戦争(第4次世界大戦)はテロリストとサイバー攻撃によるマネー戦争です。特に5月の強制執行(来年、電子書籍で出版予定)では億単位の脱税などが多く連鎖して摘発されることになります。国家に対して敵対行動を取る企業や個人がどのような末路を辿るかを知りたければ、上記ドイツによる情報機関「NDB」事件を調査するべきでしょう。黒の騎士団のサポートにより戦場は欧州から南米、そして、環太平洋諸国へと拡散します。ステルス状態の紺碧の武士団を除けば黒の騎士団は世界最強のサイバー戦部隊です。

出典:スパイとランサムウェアが深刻な脅威に–なりすましで業務情報を盗み出す – ZDNet Japan

セキュリティ対策とは、訴訟対策であり、裁判を経て強制執行で完結します。力の根源として、マネーを基盤にする人々もいますが、イデオロギーや宗教的教義を基盤とする人々もいます。騎士団や武士団にとっては、それは騎士道であり、武士道です。簡単に言えば、闘って勝つという実績の積み重ねです。金でしか動かない人間にとって主義主張に命をかける人間の行動原理は理解できないでしょう。猪瀬直樹が辞任したのは、そして、舛添要一が辞任したのは、法的に問題な行動を行った為です。石原慎太郎が危機的な状況にあるのも同じです。例え選挙に勝っても、司法で敗れれば、「政治」で敗れたことになります。戦闘の勝利より、戦争の勝利が重要であり、戦争の勝利より、外交の勝利がより重要です。その違いが解らない人間は、常に敗れ続けます。

都百条委、浜渦氏ら2人を偽証認定へ 反対の委員長、辞任表明  :日本経済新聞

真実を知りたい人は → クリック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です