北朝鮮・豊渓里にある核実験場の衛星写真

出典:【北朝鮮情勢】中国、石油供給の大幅制限を警告か 平壌発AP通信「ガソリン価格が急騰」 – 産経ニュース

今回は、その第3回目として、昭和15(1940)年、日本が石油を求めて蘭(オランダ)領東インド(通称「蘭印」)から重要物資、特に石油を獲得しようとする、いわゆる、「日蘭会商」と呼ばれる交渉を行った背景から説き起こし、南部仏印進駐およびそのリアクションとしての米国による石油禁輸を経て、太平洋戦争へと突入する過程を分析するものである。

既に多くの仲間が日本を離れていますが、日本国内でトランプ政権を支持する人々には、「ある特徴」があります。

全文表示 | トランプ氏、世論調査「都合いい結果」だけ引用 「歴代最低支持率」など完全スルー : J-CASTニュース

孫子の兵法
”故に、用兵の法は、十なれば則ち之を囲む。五なれば則ち之を攻む。倍すれば則ち之を分かつ。敵すれば則ち能く之と戦う。少なければ則ち能く之を逃る。若かざれば則ち能く之を避く。故に、小敵の堅なるは大敵の擒なり。”

大軍とは戦ってはならない。これは兵法の定石です。そして、大軍には弱点があります。それは補給です。大日本帝国は石油を求めて戦い、石油が無くなり敗北しました。当然の帰結です。来月は強制執行特集を公開予定です。

アメリカの予算作成者、ワシントンでの大規模な不正を認める – Pars Today

暫定予算 期限切れ 米予算局長「23日中にも合意」:ニュースモーニングサテライト:テレビ東京

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です