【際涯】コンディション・デルタ

出典:米軍嘉手納基地2017.4(米空軍提供)

デフコン5(Defense Readiness Condition 5)と昔呼ばれていましたが、現在ではコンディション・デルタです。歴史の分岐点が始まりました。

東日本大震災から間違った行動を選択した人々は犯罪者になり、裁判で敗訴になり、転落の人生を歩んだ人もいます。しかし、敗者がいるなら勝利者もいます。人生の勝利者になるには、誰が勝利したかを知る必要があります。最低限、情報だけでも金を出さない人間の末路は哀れな韓国人と同じになります。石が飛んできても、避けるつもりがないなら石を見る必要はありません。石を避けたい人は、コストをかけても真実を知る方がいいです。しかし、人間は年を取ると変化を嫌います。真実から目を逸らし斜陽を加速させます。人は似た人間を集めます。弱い人間が集まれば数は増えますが、滅亡の歌を合唱するだけです。それが韓国人であり、日本人の一部は彼らの恨という引力に引っ張られます。その最たるものが個々人の情報コストです。

まさか本当に戦争に?北朝鮮に対する米国の強硬姿勢に日本は複雑な心境=「悲惨な目に遭うのは間違いなく韓国」―中国ネット

クリック(日本唯一の最良情報誌)

“孫子曰く、凡そ師を興すこと十万、師を出だすこと千里なれば、百姓の費、公家の奉、日に千金を費やし、内外騒動して、道路に怠れ、事を操るを得ざる者、七十万家。相守ること数年、以て一日の勝を争う。而るに爵禄百金を愛みて、敵の情を知らざる者は、不仁の至りなり。民の将に非ざるなり。主の佐に非ざるなり。勝の主に非ざるなり。 故に明主・賢将の動きて人に勝ち、成功の衆に出づる所以の者は先知なり。先知なる者は、鬼神に取る可からず。事に象る可からず。度に験す可からず。必ず人に取りて敵の情を知る者なり。

孫子が言うように無料のテレビやインターネットの情報を信じるのは馬鹿のすることです。孫子は「必ず人が直接行動することのみで情報を得ることができる」と記載しています。上記の有料情報誌を読めば、イベントに参加することもできます。但し、プレイヤーの中心はアメリカ西海岸の人々です。日本人の参加者も多数いますが、絶対的な比率で行けば少数派です。

高知地方裁判所 第二回法廷 平成29年5月10日11時〜
被告:中原正 / 被告:山内敏史

底辺を持って最底辺を打つのが定石です。自分が底辺の存在だと認識できるなら、勝てる相手は最底辺だけです。寡は衆に敵せず(少ない者は多い者には敵わず)つまり、際涯として、誰が数年後に勝利者なのかを的中させる人間が集まる集団が勝つということです。

出典:無職強制収容所 : 2 (アクションコミックス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です