FBIとGPS

(緊急速報)外務省、韓国渡航に注意促す – 産経ニュース

北朝鮮ミサイル迎撃準備か=豪などに厳戒要請―米 | ニコニコニュース

出典:「ソニー攻撃のIPアドレスは北朝鮮のもの」、FBI長官が断言 – ITmedia エンタープライズ

いよいよGPSのズレが大きくなり、FBIによるサイバー防衛システムが稼動し始めました。孫子曰く「それいまだ戦わずして廟算して勝つ者は、算を得ること多ければなり。いまだ戦わずして廟算して勝たざるものは、算を得ることすくなければなり。算多きは勝ち、算少なきは勝たず。しかるに、いわんや算なきにおいておや。われは此れをもてこれを観るに、勝負あらわる。」廟算とは先祖を祀る霊廟です。裁判でも、戦争でも、親の墓の前で勝敗を肉親に聞いてみれば答えは明白です。それを持ってして勝てないのに戦いを選ぶなら必敗(勝負あらわる)です。

これだけの2個空母群と2個強襲揚陸艦、そして、1個予備空母が投入されるというのは、戦後最大級の戦力集中です。ワイヤードで敗れれば、航空優勢は掌握できません。航空優勢を掌握できないなら強襲は不可能です。現時点で、作戦計画5027修正は順調のようです。米軍につくも、半島勢力につくも、自由です。但し、敗れる側についた未来は悲惨でしょう。それを先人は『易経』で遺しています。

米軍は臨戦態勢、サイバー攻撃で滅ぶ日本のインフラ HONZ特選本『ゼロデイ 米中露サイバー戦争が世界を破壊する』|ニフティニュース

『易経』革・上六 (先奏) 「君子豹変小人革面」 
君子は時に応じて、豹の毛が生え変わるように、鮮やかに変化する。
これに反して、小人は上の人に従う顔つきだけはする。

君子と呼ばれる優れた人は、敗北を認めて、鮮やかに変化します。一族や郎党を路頭に迷わせることを避けるためです。しかし、小人(子供のような大人)は、表面的には変わったように見せても中身は全く変わりません。警察に逮捕され反省の弁を述べても、同じことを繰り返します。そして、何度も逮捕されます。裁判で何度も破れる人も同じです。一度敗れれば、次は和解を求め、平身低頭するのが君子です。連続して敗北し続けるのが小人です。今のアメリカ合衆国は海軍長官も決まらず、代理のシーン・スタックリー氏が海軍長官代行を勤めています。私の知人ですが彼を知る日本人は滅多にいません。つまり、日本人なら2017.5.10の裁判を傍聴することが重要です。真実は無料のテレビで流れず自らの足で知る以外に得ることはできない。

被告:中原正(奈良地裁で敗訴、東京簡裁で和解し解決金を支払わず)
被告:山内敏史(高知簡裁、奈良簡裁で連続敗訴、東京簡裁で和解金を支払う、奈良簡裁の賠償金も支払う。)
高知地方裁判所 第二回法廷 平成29年5月10日11時〜
どちらの被告(代理人含む)が偽証をしているか?

【北朝鮮情勢】米、水上戦闘群も空母カール・ビンソンに合流か 対北軍事圧力を強化 – 産経ニュース

首相 北朝鮮情勢「いかなる事態でも国民守り抜く」 | NHKニュース

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です