ブルーブック(青い本)

出典:Calexit_Book

ブルー・ブックが完成しました。

にわかに現実味を帯びてきたカリフォルニア州独立 2017.3.31(金) トランプ大統領に次ぐ3番目のまさかが再び米国で

日本は人口が急激に高齢化し、社会の老化が止まりません。

2025年には9人に1人が認知症、3人に1人が高齢者

日本社会が直面する、認知症「1300万人」時代

日本にいる自分たちの常識は、世界の非常識だという認識で行動するのが「吉」です。

程大使はまた「日本の一部の若い政治家は歴史認識が浅い。戦後世代である60年代生まれの議員は日本による中国侵略の歴史も知らないうえ、70年代の日中国交正常化へのプロセスについても一知半解だ」としたほか、「日本の民衆も中国への理解が低い。日本にいる多くの『おたく』たちは一日家でゲームなどに耽り、親のすねをかじって生活し、人付き合いの方法を知らない。これにより日本の若者は日本を離れたがらず、外国留学をしたがらないのだ」などと語ったことを紹介している。

出典:中国人は世界をとても客観的に見ることができる それに引き換え日本人は・・・=中国報道-サーチナ

中国人も、アメリカ人も、日本人も、住んでいる場所が違います。自分で自分の後頭部を直視することはできません。互いに協力できる人々と孤立した人々、どちらが有利でしょうか?
既に多くが沖縄やアメリカなどに移動しています。それでもワンシーズンに一度は国内でイベントを開催しています。また、裁判傍聴者は優先して入会を認めています。5年前に入会できたが、現在は入会できる人は少なくなりました。現在は入会できるけど、5年後に入会できる人はさらに減少するでしょう。

悲鳴!実質手取り額はこんなに減っている | AERA | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

独自の見解やスタンスを強弁しても、裁判では役に立ちません。勝ち組には多くの人と富が集まります。それを認めたくないならイベントに参加しなければ真実は見えないでしょう。しかし、そういう選択を取った人の最後は敗北であり、孤独死です。アメリカ独立戦争に協力したコシューシコ(右ポーランド人)やラファイエット(上フランス人)は、その後、本国でも大活躍します。世界の覇権国たるカリフォルニア独立運動には、数多くの人々が21世紀のコモンセンス(トマス・ペイン著)であるブルーブックを読んでいます。既に勝敗は決していますが、大本営発表を信じる人には真実は伝わりません。自分の知りたい情報のみインターネットで集めて、自分の言いたいことだけをネットに書き込んでいます。しかし、それでは裁判や戦争で勝つことは不可能です。

「孤独死は独居老人より独身40代のほうが多い」特殊清掃人が断言 | 日刊SPA!

AR型社会資本に参加希望(クリック)

平成29年5月10日11時 場所:高知県地方裁判所(第2回公判)

ロシアとトランプ政権中国とイギリス欧州連合と中南米、そして、環太平洋戦略的経済連携協定に世界は別れました。

【英EU離脱】ほくそえむ中国、英中蜜月で日米牽制のもくろみ 「一帯一路」構想、人民元国際化、武器輸出解禁…「千載一遇のチャンス」 – 産経ニュース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です