SNS「デモクラティア」の特徴


時間の経過で世界は変化する。変化に適応できない人は、環境変化適用できない人を求める。結果として、健全な人生の時代には知り合いにさえならない生活苦の人々と交わり、同調性の圧力で染まっていく。匿名犯罪者のネットワーク調査で証明されたことは、顕在犯と潜在犯の違いは証拠と告訴の違いに過ぎない。ネットという加速装置は、劣化が劣化を加速することが証明された。これを群知能であり、SNS解析をすれば、犯罪者検挙は非常に合理的作業となる。基準点を定める力を持たない人間を集め、多数決を続ければ、『とりあえず決める』手段に過ぎない多数決依存し続ける。何が正しいかを検証することができない。

老人ホーム転落死で3度目の逮捕 「徘徊するのが嫌だった」と供述

「トランプ氏「日本が米軍駐留経費を大幅増額しなければ撤退」」 News i – TBSの動画ニュースサイト

人工知能がヒトラー礼賛 – マイクロソフト実験中止 | マイナビニュース

カップリングも把握:女子高生AI「りんな」はガチの「おそ松さん」腐女子だった!? – ITmedia Mobile

これを漫画で分かり易くしたのが、デモクラティア コミック 1-5巻セット (ビッグコミックス)である。これに色(カラー)をつけ現実感を持たせるのが裁判における傍聴人である。教育機関で何が正しいかを教える。論理的に正しい行動を真似ることで正しくなり、社会的に節度ある行動をすることで節度を身につける。そして、勇敢な行動をすることで、『勇敢』になる。

大気汚染に貢献したいならガソリン自動車を電気自動車に買い換えればいい。しかし、その予算がないなら、社会の掃除をすればいい。そのためには社会において何が正しく、何が犯罪かを知る必要がある。日本では裁判によって、社会的な善悪が決められている。この秤を拒絶すると匿名犯罪者となり、潜在犯となる。犯罪係数が一定値を越えると逮捕される確率が上昇し、家族を巻き込み取り返しがつかなくなる。勇気を持って匿名犯罪者が裁かれる裁判に傍聴へ行くことが、自分自身の劣化を抑止し、未来の風景を知るために最も金銭的費用がかからない選択肢である。AIには、何かを生み出す力もなければ、創り出すこともできない。正しさの欠片もない。しかし、統計と確率によって犯罪係数の算出だけは可能となった。幸せだった時の友人がいなくなり、不幸な時に増えた友人は、自分自身の鏡に過ぎない。

潜在犯の特徴(”ビッグデータによる犯罪係数”より抜粋)

  1. 他人の能力や手柄を認めない
  2. 高額品や高級品を正規ルートで買った経験がない
  3. 現状を維持したがる(環境変化を嫌い地元から出たことがない)
  4. 自分が物質的に得を感じることにしかお金を出さない
  5. 借りたものをきちんと返済しない
  6. 成功した他人にジェラシーを感じ、他人を蹴落とそうとする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です