緑ウクライナ構想と地検の脱税摘発

 不動産の売却益を隠すなどして法人税1億円余りを脱税したとして、名古屋地検特捜部は2日、法人税法違反の疑いで名古屋市東区の不動産会社「ジーザス」社長、原田哲史こと韓国籍の黄元圭容疑者(55)=同市天白区=ら3人を逮捕した。他に逮捕したのは同社役員の成本慶得こと韓国籍の成慶得(42)=愛知県江南市=、取引先会社の代表小林良身(52)=東京都調布市=両容疑者。地検は3人の認否を明らかにしていない。
出典:1億円を脱税容疑=不動産会社社長ら逮捕―名古屋地検

占領軍による戦後体制が崩壊し始め、匿名犯罪者(ZQN)の訴追により、歴史が急速に加速し始めました。この流れは「緑ウクライナ(緑の楔)」構想であり、失われた国土回復運動、レコンキスタとなります。独自のスタンスや認識を持つ匿名犯罪者(ZQN)は、脱税などで順次、徹底的に摘発されます。アメリカと中国を同時に回すスタンスは異常です。

「火薬庫」と化した朝鮮半島、韓国の混乱はさらに深まる可能… – Record China

出典:緑ウクライナ – Wikipedia

ウクライナ議長 日本に合同軍事演習を提案 2017年03月01日

大使は「第三国間の関係についてコメントする立場にない」と語り、直接の回答を避けた。ただ「日本に帰属する領土がすべて返還されることを願っている。盗まれたものは返されるべきだ」と暗にクリミア半島に絡めたコメントを一言。
さらに、過去にウクライナの大学で北方領土交渉について講義をしたことがあるという大使は「専門家として、ロシアの現政権とこの問題を交渉できるかと聞かれれば『ノー』と答えるだろう」とも強調。ウクライナ停戦をめぐる対応などを見てもロシアとの交渉の難しさは分かるはずだと指摘し「(19世紀のドイツ宰相)ビスマルクは『ロシアが署名した文書は単なる紙にすぎない』と言っている」とロシアヘの警戒を促した。(時事)

出典:プーチン政権との交渉難しい=北方領土問題でも-ウクライナ駐日大使:時事ドットコム

カリフォルニア独立、クリミア半島返還、北方領土を含む全千島列島の返還による連帯が決まり、中国からの支援も決まりました。朝鮮半島と台湾は中国の保護国となります。朝鮮半島が統一した後、多数の中国人が居住する「緑ウクライナ」に国民保護の名目で中国義勇軍が侵攻します。中国も尖閣諸島と沖縄は当然、日本領土として公式認定します。

ロシアの「師団配備」で北方領土のロシア軍は増強されるのか | 小泉悠 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

【世界を読む】「奪われた領土」極東ロシアに流れ込む中国人…“スーツケースで侵略”は危険な火ダネ- 産経WEST

トランプ政権がシリアの分割を行った後、ロシアのバルト三国への侵攻が始まります。そこで、スウェーデンは徴兵制(女性)を復活させました。ウクライナやバルト三国と神聖同盟を結びます。日本人医師はウクライナ人をチェルノブイリで助けましたが、福島の原発震災ではウクライナ人の医師が日本人を助けました。その連帯は下記の匿名犯罪者(ZQN)裁判により新ステージに移行します。真実と正義が勝つか!?脱真実と嘘ニュースが勝つか?

バジーカ氏に永井隆賞 チェルノブイリ調査ウクライナ人医師 [長崎県] – 西日本新聞

出典:スウェーデン徴兵制復活 ロシアの脅威に対応、女性も対象(AFP=時事) – Yahoo!ニュース

沖縄大裁判(10年裁判)により、国内の人間爆弾(ZQN、嘘ニュース拡声器)は事実上淘汰が完了します。日本が哀れな韓国のようになることはないでしょう。韓国は既に本当に気が狂いました。一部の正常な韓国人記者は、下記の記事を書いています。

韓国はみんな狂っている 全てが滅びようとしているかのようだ 朝鮮日報: 大艦巨砲主義!

現状は「韓国型公憤=ロウソクデモの威力」の前に「法理なし」。デモはあってもデモクラシーはどこにもない。その一方には、実質所得も消費支出も前年比、そろって減少した経済実態がある。今年1月のマンション販売額は前年比68%も減少した。不景気と言うよりは、もはや経済危機の到来だ。
しかし、大統領候補者らは、こうした経済危機には何も言わない。そうした中でも、酒類の販売額は伸びている。酒でも飲まなければ…なのだろう。新しい国技となったロウソクデモも、実は露店での焼酎販売とセットだ。飲酒と嘘で将来展望をごまかす国民に報いが来るのは、そう遠くないだろう。3・1節は、嘘の教育を重ねることで「全土が反日に蜂起した日」になっている。きょう3月1日に「反日」がどのくらい盛り上がるのか-。憲裁が弾劾の可否を明らかにしたときの、民衆行動を占う材料になるかもしれない。

出典:【新・悪韓論】本当におかしくなった韓国 「朴政権=親日」「朴槿恵=絶対悪」が完璧に重複、「法理なし」  – ZAKZAK

プーチンとトランプの挟撃を喰らった欧州連合は壊滅状態で、基軸通貨を目指したユーロも風前の灯です。スウェーデンやウクライナ、バルト三国など北欧や東欧が軍備拡張を急ぐ理由です。日本も、匿名犯罪者対策が遅れれば、同じこととなったでしょう。

“フランスのトランプ”が大統領選で躍進。その先にあるのは「EU崩壊」と社会の「分断」か…|ニフティニュース

欧州連合は崩壊しますが、北欧と東欧が緑ウクライナ構想でロシアを挟撃します。アメリカでは、第二の南北戦争が勃発するでしょう。詳細知る唯一の方法は裁判を傍聴することです。マスコミは真実も掲載しますが、嘘もが流します。ネットは恣意的な脱真実の戦場です。日本で最も真実に近い場所は法廷です。どのぐらいの人間が真実を重視しているか、その決戦場です。

爆発する「反トランプ感情」〜米国社会はドロ沼の「文化戦争」へ!?(渡辺 将人) | 現代ビジネス | 講談社

日時:2017年3月9日 10:30~
場所:高知地方裁判所 2階202号法廷
被告:中原正 被告:山内敏史

しかし、ロシア国民の期待は、徐々に幻滅に変わりつつあります。まず2月2日、ヘイリー新国連大使は、こんなことをいいました。

モスクワはおそらく、トランプ大統領とその政権によって近いうちに金融経済制裁が撤廃されるのではないかという幻覚からついに目を覚ました。2月2日にニッキー・ヘイリー米国国連大使が行った最近の声明は、このことを明確にした。「クリミアはウクライナ領の一部です」。ヘイリー大使は国連安全保障理事会を前に、就任後初となる公式の場での発言で、このように宣言した。「クリミアをめぐり我が国が科した制裁は、ロシアが同半島の統治権をウクライナに返すまで継続するでしょう」(ロシアNOW 2月13日)

ロシアは、クリミアを「永遠に返さない」でしょう。つまり、ヘイリーさんの発言は、制裁は永遠に続く」という意味である。次、2月13日、「親ロシアで知られるフリン大統領補佐官が辞任した。これもロシアには痛手ですね。
(略)
日本では、「習近平は、バカだ!」「中国は、もうすぐ崩壊する!」「中国は、民度が低い!」」などといった話が喜ばれます。しかし、実状を知っている人は、「まったく侮れない」ことを理解しています。正直、外交力、工作力、諜報力で、日本は中国の足元にもおよびません。

出典:だから中国は侮れない。トランプの態度を一転させた懐柔作戦の全容 – まぐまぐニュース!

韓国やロシアと組んで、中国と対抗する勢力が日本にいます。韓国やロシアが戦争で過去、日本に何をしてきましたか?信ずるに値しますか?歴史から学んでいますか?

THAADへの報復は中国の国益をも侵害する自殺行為でもある。まず中国に進出する韓国企業約2万3000社で数百万人分の雇用が脅かされ、中国を訪れる観光客で1-2位の韓国人が激減するのは明らかだ。中国は保護貿易を排斥し、開放を支持するという習近平主席の発言がうそだと判明し、国際的な信頼度やイメージが低下することになる。
中国の経済報復措置が国際舞台で連戦連勝を収める「万能カード」ではないことにも注目すべきだ。2010年に中国の反体制人権運動家、劉暁波氏をノーベル平和賞受賞者に選んだノルウェーは、同国産サーモンの輸入禁止という報復を受けたが、多角化戦略で輸出量を増やし、中国の報復を乗り越えた。昨年春に発足した台湾の蔡英文政権は、中台関係の悪化で台湾を訪れる中国人観光客が1年で30%以上も減少したが、東南アジア10カ国、南アジア6カ国の攻略で、昨年は過去最高の観光客を誘致した。

宋義達(ソン・ウィダル)朝鮮ビズ代表 朝鮮日報/朝鮮日報日本語版

出典:【コラム】「韓国たたき」は中国の素顔を見抜く絶好の機会だ-Chosun online 朝鮮日報

日露戦争で日本軍を最も苦しめた名将はロシア人ではなく、ウクライナ人「コンドラチェンコ」です。北欧や東欧、アメリカ西海岸と一緒に戦う真実と正義の勢力脱真実と嘘ニュースを武器にに戦う勢力に世界は分離しました。日本においては、その後者が被告して今月、裁かれます。しかし、これは10年裁判と後世言われる「沖縄大裁判」の始まりです。

日本・ロシア双方から、「日露戦争に於けるロシア軍屈指の名将」と高く評価されている。戦死した場所には日露戦争終戦後その死を惜しんだ日本側によって祈念碑が建てられた(現在でも残っている)。戦場では勇猛でありながら普段は寡黙で温厚な性格の持ち主で、他人の意見を良く聞き、指揮系統が混乱した旅順要塞内において調停役を能く勤めた。一流の軍人としてのセンスを持ち、自ら進んで陣頭指揮をする勇猛さと、部下将兵と苦楽を共にすることを厭わず、将兵一人一人に気を配り部下の心を掌握する彼に対し、部下将兵は「わが将軍」と呼んで慕い、同僚からの評価・信頼も高かったと言われる。

出典:ロマン・コンドラチェンコ – Wikipedia

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です