薬が効かない双極性感情障害II型が増殖中

「そのため、病院で単極性のうつ病と診断され、薬を投与されるケースが非常に多い。しかし、うつ病の薬は双極性障害には効きにくく、長期にわたって症状が改善されないという問題が起きています」(吉田先生)

さらに、双極性障害Ⅱ型の患者は過大に自己を評価し、尊敬されるのが当然と思い込む自己愛性パーソナリティ障害や、対人関係が極度に苦手などの症状を持つ発達障害を同時に抱えていることも多いという。

出典:抗うつ薬が効かない「双極性障害II型」が増殖中! |ニフティニュース

出典:「完全な責任能力」元職員を殺人罪で起訴へ 相模原殺傷:朝日新聞デジタル

相模原市の知的障害者施設で46人が殺傷された事件で、殺人の疑いで逮捕された27歳の元職員は、専門家による精神鑑定で、みずからを特別な存在だと考えたりする「自己愛性パーソナリティー障害」など複合的な人格障害があったと指摘されていることが、捜査関係者への取材で新たにわかりました。こうした人格障害は裁判上は責任能力があるとされていて、検察は元職員を今週中にも起訴する方針です。

出典:障害者殺傷事件 元職員は「自己愛性パーソナリティー障害」か | NHKニュース

煩雑さ(エントロピー)が増大してくると人間は環境と一体化します。多くの知的障害者の中で人格障害者となった結末です。厳しい躾や教育を受けていない人は、忍耐が欠如し我慢できず長い期間に亘り継続して行動することができず、最後は匿名犯罪者(ZQN)となります。

複合的に拗らせると上記のようになり、重篤化すると下記になります。

検察側「精神障害の影響は限定的」

弁護側「そう状態で抑止力働かず」

 検察側、弁護側とも元学生が人の死に強い関心を持ち、精神面で障害があったことは共通認識となっている。ただ検察側は事件に対する障害の影響は限定的で、完全な責任能力があったと主張する。弁護側は元学生には他者への共感性がなく興味の対象が極めて限られる精神発達上の障害があり、さらに双極性障害(そううつ病)を発症したため、そう状態の時は抑止力が全く働かなくなっていたとして、全事件で責任能力がなかったとして無罪を主張している。
22、23日は精神鑑定をした医師3人の証人尋問が実施される。

ニュースサイトで読む: http://mainichi.jp/articles/20170219/k00/00m/040/098000c#csidx7a4cbc917b840a6885ed45c33a88812
Copyright 毎日新聞

社会的な対応として、SNSを調査すれば同じような嗜好性を持つフォロワーの犯罪係数が算定できます。ZQNのフォロワーは、予防的な行動が必要です。このネットスキャン作業は人工知能(AI)によるS2(エスツー)により、99.99%以上を網羅することが可能です。

水樹奈々さんに「殺すぞ」 ツイッターの男を逮捕  2月20日 17時06分
歌手で声優の水樹奈々さんを殺すなどとツイッターに書き込み業務を妨害したとして滋賀県のアルバイトの男が逮捕され、警視庁の調べに対して「会いたいとメールをしたのに返事が来なかったので、腹いせでやった」などと容疑を認めているということです。  逮捕されたのは滋賀県長浜市のアルバイト、福島彰浩容疑者(32)です。  警視庁の調べによりますと、今月上旬ツイッターに「水樹奈々をぶっ殺すしか道が亡くなりました」などと書き込み、水樹さんのファンクラブの運営会社などの業務を妨害した疑いが持たれています。

出典:水樹奈々さんに「殺すぞ」 ツイッターの男を逮捕 | NHKニュース

ASCII.jp:旅行者のSNSアカウントの情報を集め始めたアメリカ |松村太郎の「西海岸から見る”it”トレンド」

裁判を傍聴するだけで、近い将来の不幸を予防できます。現実世界で何がおきており、自分の知らない日本社会にどういうスタンスの人間が生息しているかを知ることができるからです。

2017年3月9日 10:30 高知地方裁判所 2階202号法廷
被告:中原正 被告:山内敏史

自己愛性人格障害と双極性障害(躁鬱病)、妄想性障害:自己愛性人格障害ガイド

「サイコテロリストに脳をジャックされた」2家族5人を惨殺した“兵庫の殺人鬼”が法廷でトンデモ話を連発!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です