平成のインパール作戦

小池都知事の座右の書は「失敗の本質――日本軍の組織論的研究」だ。同書がケーススタディーとして扱うのがインパール作戦。10万人超の餓死・戦病死者を出し「陸軍史上最悪」と呼ばれた無謀な作戦で、日本組織の「一度やると決めたら引き返せない」欠点が凝縮されているが、この本からの教訓を小池知事が理解しているのかは疑わしい。彼女が進める豊洲移転が平成のインパール作戦となりつつあるためだ。

出典:暴走する小池知事 豊洲10月開場は“インパール作戦”と化す|政治|ニュース|日刊ゲンダイDIGITAL

日本国内の匿名犯罪者を調査することで、戦後政治の全てが法廷で明らかになってきた。空想や妄想を現実と認識する妄想性パーソナリティ障害はフォロワーで繋がっているからだ。実際、警察による聴取時に山内敏史は入院治療していた。

名誉毀損容疑で一斉捜索=夫婦死亡事故、無関係の会社中傷-福岡県警:時事ドットコム

KCIAの「裏の任務」 朴正熙はタレント志望の学生やモデル、歌手や女優を好みました。また、同じ女性が再度呼ばれることはほとんどありませんでした。夕方頃に、その夜が「大行事」になるか「小行事」になるかの連絡が朴正熙から大統領警護室長にあり、警護室長はKCIAの儀典課長に指令を出し、女たちを大急ぎで確保させていました。 諜報機関のKCIAがこのような指令に奔走したというのは驚きですが、KCIAは国民の個人情報を一手に握っており、大統領にとって安全な女を選び出すことができました。そして、KCIAは女たちに「秘密施設でのことを口外してはならぬ。お前を見張っている」と半ば脅迫し、大統領の元へ送りました。KCIAには打ってつけの任務だったのです。 実際に、KCIAを恐れて、口外する女はいませんでした。それでも、娘が母親に告げ、母親が「娘が大統領の慰み者になった」と怒鳴り込んで来たこともありました。この母親は「娘を大統領夫人にするように」と執拗に迫ったそうです。 朴正熙がテレビに出ている歌手や女優を見て、「一度、彼女に会いたい」と言えば、秘書がすぐにKCIAに連絡を取り、KCIAはその歌手や女優が所属するプロダクションに圧力をかけ、差し出させました。差し出しを拒めば、テレビ局からのオファーが無くなるということもあったようです。その中には、国民の誰もが知っているようなスターたちも含まれ、呼び出された女性は200人を超えたとの話もあります。

出典:「自国民でも殺す」で殺された韓国大統領 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

独裁政権の末期は、類似点が多い。典型的な独裁者である朴正熙は北朝鮮にソックリである。

17年の出生数2年連続100万人割れ 自然減40万人超え: 日本経済新聞

出典:TPP11、経済効果7.8兆円=米国離脱で4割減-日欧EPAは5兆円・政府試算 – グノシー

匿名犯罪者の暗躍で日本は人口減少と貧困化が止まらない。これは妄想や空想を元に社会的繁雑性を増大させることによって、社会効率が低下したためである。

<高知地方裁判所>
2018/1/29(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一関連情報サイト
真実を知る最後のチャンスとなる。(年度内判決)

日本生産性本部は20日、2016年の労働生産性の国際比較を発表した。一人の労働者が一定の労働時間でどれだけのモノやサービスを生み出すかを算出。日本の1時間当たりの生産性は46.0ドル(約4700円)で、経済協力開発機構(OECD)加盟の35カ国の中で20位、先進7カ国(G7)で最下位だった。

出典:生産性、先進7カ国で最下位 効率的な働き方進まず – 共同通信

鉄の斧と石の斧では木を切る生産性は7倍も違う。

金剛保険と100ドル偽札

出典:【サイバー潮流】中国が日本の情報・技術を狙っている!増殖する「国家支援」型ハッカー集団の脅威 - 産経ニュース

国家支援型匿名犯罪者ネットワークの裁判で構造が判明した。既に原告の一人は精神病院に入院しており、日本に対して敵対する国家は日本国内の頭が狂った人間をリクルートすることでコア形成される。次に、「事情通」を演じた狂人の言動を盲信する頭の弱い人間が「釣られる」ことで拡張される。そして、地道な調査により、全ての構造が把握され、S2として結実した。

偽ドル札:鑑定機解析か 都内で100枚以上見つかる – 毎日新聞

朝鮮総連系の保険会社関係先を捜索 警視庁 強制執行妨害容疑 – 産経ニュース

この20年、日本の被害は甚大となったが、対策は打たれ始めた。次の20年で匿名犯罪者は駆逐される。その「10年裁判」が来年から始まるだろう。

<高知地方裁判所>
2018/1/29(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一関連情報サイト
真実を知る最後のチャンスとなる。(最後の公判)

出典:世界初「浮かぶ」風力発電所が稼働 英スコットランド沖(朝日新聞) – goo ニュース

エルサレム首都承認、深刻な懸念=ロシア

【モスクワ時事】ロシア外務省は7日、トランプ米大統領がエルサレムをイスラエルの首都と承認したことについて、「深刻な懸念」を表明した。外務省は声明で「問題解決は国連決議など国際的な法的基盤に基づいて行われなければならない」と強調。トランプ大統領による承認は「状況を一層複雑にする恐れがある」と指摘した。(2017/12/07-20:57)

出典:エルサレム首都承認、深刻な懸念=ロシア:時事ドットコム

ロシアゲートで破滅寸前のトランプ政権に対して、エルサレム事変によりプーチンは戦略的勝利を得た。法廷で決着がつく前に戦争が発生する可能性が高くなった。

ロシアへの警戒強めるリトアニア、若者が自発的に参加する軍事訓練に密着してみた|WIRED.jp

トランプは何を隠しているのか?ロシアゲートの捜査の行方  WEDGE Infinity(ウェッジ)

もう中東に用はない。シェール革命で米が捨てた「火薬庫」の運命 – まぐまぐニュース!