第5次エネルギー革命

どちらのサイドに所属するのも、自由である。しかし、我々は日本においても、第5次エネルギー革命は成功した。ソーラールーフを装備した高断熱高気密住宅、そして、電気自動車を配備している家(ハイドライド型非常用発電機完備)には、video chatによる定例会議が行われている。誰も害するつもりはない。西洋タンポポの敵は日本タンポポだとしても、日本タンポポの敵はウィルスである。大戦中からドイツでは人造石油技術が世界一だった。戦後もドイツでは製鉄などに使用するコークス製造に伴い生産されるタールから、自動車燃料として用いられるモーターベンゾールが1958年、324,300トンも製造された。また、都市ガス工場でもこの年、15,100トンのモーターベンゾールを産出した。このドイツ系人造石油技術を移植したのが炭鉱が多かった北海道大学である。

インフル患者増、なぜ今年は早い? 8月には1歳児死亡:朝日新聞デジタル

シニアマネージャー以上の多くは、知能指数120以上であるが彼らの読書数は半端な数ではない。彼らの尽力により、失敗世代(ゆとり世代)以降の一部の日本教育は劇的に復活している。上位20%の読書数は激増した。にhんには二種類の人間がいる。極少数の超人天才を除いても、上位2割は賢い。しかし、残りの8割が悪意なく足を引っ張る。悪意はないが、頭が悪い。だから勉強する必要がある。無償のテレビやネットではなく、有償の本を電子購入したり、図書館に通い労力を使う必要がある。これを等価交換という。匿名犯罪者との裁判により多くの司法修習生がSNSに書き込んだことが決定打となった。8割の内4割が動けば上位2割と合わせて52%だ。

書店のない自治体が2割に――本との「出会い」はネットや図書館へ | ダ・ヴィンチニュース

出典:揚水発電、水くみ上げ昼夜逆転 太陽光普及で思わぬ現象:朝日新聞デジタル

我々の敵は我々を攻撃する匿名犯罪者と脱真実を信奉する勢力である。真実を知る努力を放棄して、彼らが嘘を拡大再生産した結末映画『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』となった。無償の情報ほど有害なものはない。嘘を信じるものは救われないが、真実を知るものは救われる。

有料メルマガ

出典:北海道大学は常温で利用でき、高価な銀パラジウムを利用した合金膜より50倍高い水素透過速度を持つ新しい水素分離膜の開発に成功。燃料電池への高純度な水素供給の簡易化に貢献するという。

人間が歴史を学んで分かることは、人間は歴史から何も学ばないということだけだ

- ヘーゲル (Georg Wilhelm Friedrich Hegel) -

歴史は繰り返す。しかし、歴史に学ばぬ者は同じ状況で同じ過ちを繰り返す。

- ウィンストン・チャーチル -

<高知地方裁判所>
2017/10/23(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

大きな変化は辺境からやってくる

昨年9月に韓国軍の国防統合データセンター(DIDC)が北朝鮮人と推定されるハッカーによって不正アクセスされた際、北朝鮮指導部に対する「斬首作戦」の具体的内容が記された「作戦計画5015」を含む軍事機密文書が大量に流出していたことが9日までに分かった。作戦計画5015は、南北が全面戦になった場合の韓米連合軍の作戦計画で、2015年に韓米が合意して作ったもの。この計画が、作られてからわずか1年ほどで北朝鮮の手に渡ったのだ。金正恩(キム・ジョンウン)労働党委員長は、自らを除去するための斬首作戦計画を、手のひらに載せてのぞき込んでいたことになる。

【グラフィック】 北朝鮮に流出した主な軍事機密

韓国国会の国防委員会で与党「共に民主党」の幹事を務める李哲熙(イ・チョルヒ)議員は9日「国防部(省に相当)に確認したところによると、当時、北朝鮮人と推定されるハッカーらは韓国軍の外部インターネット網と内部用イントラネット(国防網)に侵入し、合計235ギガバイト分の資料を盗んでいった」と語った。韓国軍は、このうち22.5%の53ギガバイト分(およそ1万7000件)についてのみ、流出した文書の目録など内容を確認した。どういう内容が流出したのか、まだ把握できていない部分の方が多いということだ。

流出が確認された文書の中には、2級軍事機密226件をはじめ3級機密42件、対外秘27件、合わせて295件の機密指定資料が含まれていた。ここには、韓米が2015年に樹立した最新の作戦計画に当たる「作戦計画5015」と併せて、潜入・局地挑発に対応する「作戦計画3100」、北朝鮮急変事態や挑発時に韓国軍の特殊戦司令部が遂行する「緊急時対応計画」(Contingency Plan)関連文書も含まれていた。これらの計画は、有事の際に韓国側の被害をできるだけ減らしつつ、いわゆる斬首作戦など北朝鮮の政権首脳部に対する精密作戦でもって早期に勝利することを目標にしている作戦だ。李議員によれば、韓国軍が斬首作戦に関して立てていた(1)金正恩委員長など北朝鮮指導部の移動状況の識別・報告(2)北朝鮮指導部の避難先の封鎖(3)空中強襲作戦(4)北朝鮮指導部を確保・除去した後の離脱-の4段階についての計画内容が流出したことが判明した。李議員は「斬首作戦の細かい内容は軍事機密なので公開できない」と語った。国防部はこれまで、作戦計画5015が流出したかどうかについて公式に確認していなかった。

 このほか流出した資料の中には、韓米両軍の中心的指揮官に対する業務報告資料、韓米連合乙支フリーダム・ガーディアン(UFG)演習関連の会議資料、韓国軍部隊や発電所など国家重要施設の現況資料、北朝鮮の各種挑発時における韓国軍や主要施設の防護計画なども含まれていた、と伝えられている。北朝鮮を攻撃する攻勢的な作戦計画だけでなく、北朝鮮から韓国を守る防御関連の主要情報も北朝鮮に渡ったことになる。

李議員は「流出した資料のうち残りの182ギガバイト分については、どういう内容が盗まれたのか把握すらできていない状態」と語った。

出典:(朝鮮日報日本語版) 北朝鮮の手に渡っていた韓国軍の「斬首作戦」計画 (朝鮮日報日本語版) – Yahoo!ニュース

明治維新は九州最南端の薩摩と本州最西端の長州から始まった。アメリカ帝国の最西端は大韓民国であり、北緯38度線がフロント(最前線)である。

ロシア製ミサイルや水爆の多くは旧ソ連時代に作られた骨董品である。かなりの再調整時間が必要である。しかし、それも終わりのようである。

ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

孤立した環境で「最適化」が著しく進行すると、エリア外との互換性を失い孤立して取り残されるだけでなく、外部(外国)から適応性(汎用性)と生存能力(低価格)の高い種(製品・技術)が導入されると最終的に淘汰される危険に陥る。そして、絶望は進化する。

ヒートショック死者は年間1万7000人

出典:ヒートショック どう防ぐ 風呂場で血圧危ない急変動 暖房機を活用 入浴時間や水分補給も注意 – 西日本新聞

ヒートショックによる死者は年間1万7000人 東京都健康長寿医療センター研究所がおこなった調査では、2011年に全国で約1万7000人もの人々がヒートショックに関連した入浴中急死にいたった、と推計されました。 交通事故による死亡者数の4倍以上であり、そのうち高齢者は8割を超える1万4000人にもおよびます。

出典:ヒートショックの死亡者数は交通事故の4倍!今日からできる7つの対策

目に見えない電気を知るには電流計や電圧計が必要だし、放射線量を測るにはガイガーカウンターがいる。エネルギー効率を上昇させるには、設備投資以外にも断熱と気密化が必須である。日本の工務店やハウスメーカーは高い値段で安普請の住宅を作る業者が多い。質が低下したのは政治家だけではない。実際にプロに計測を委ね、設備や断熱を実行するも自由だし、何もしないのも自由である。正しい選択をした人々が繁栄するのが盛者必衰の理だからだ。

良い住宅を作っても、盛り土のように脆弱な地盤に作られていれば地震で倒壊する確率は高い。欧米では古い住宅の方が価値があるのは、数百年大きな災害が発生していないからだ。それと同じく一番重要なのは宅地である。

高台でも危険あり。盛土造成地にご用心 [住みたい街 首都圏] All About

気候変動により熱波や寒波が到来することが増加している。電気代やガス代は年々高騰している。消費税も近く10%に上昇する。2025年に向けて負担は激増する。

消費税率引き上げ 自民・公明は必要性強調 野党は凍結など主張 | NHKニュース

日本は匿名犯罪者の活動により負荷は暗愚な人に集中する構造になっている。

ミッドウェー海戦の敗因を偵察や情報などの視点から見てみると、筑摩搭載の偵察機が雲上飛行を行ったため敵を見落としたとか、利根機の発艦や報告が遅れたとかの戦術的敗因や、電報処理の不適切なども大きな要素であったが、その根底にはパイロットに「攻撃という派手な仕事には生命を賭けても行きたがるが、事前の準備とか索敵とかいかいう綿密地味な仕事には行き渋る」気風があり、偵察はパイロットの常識とみなして特別の教育も訓練も行わず、偵察を任務とする航空機も保有していなかったことにあった。このように偵察を軽視していたため、ミッドウェー海戦では偵察を主として戦艦(1機)や巡洋艦(4機)などの艦載水上偵察機に期待し、「攻撃兵力をできるだけ減らしたくなかったので索敵に当てる艦攻の数を減らし」たと、空母からは赤城と加賀から艦上攻撃機各1機を派出したに過ぎなかった。日本海軍の偵察や防御軽視は空母搭載機の機種の比率をみても明らかで、表に示すとおりアメリカ海軍は、偵察・戦闘機を19機、戦闘機を27機保有するなど、偵察や艦隊防空にも力を割きバランスのある構成をとっていた。

出典:情報軽視と攻撃偏重

日本に蔓延する欠陥住宅や低性能住宅が発生した理由は、情報軽視が原因である。35年ローンで3500万円の家を購入するなら最低でも350万円から700万円はプロの建築士や省エネ再エネのコンサルタント費用に使うべきである。偵察機に航空戦力を割くことを躊躇った日本海軍は4隻の空母全てを失い、ミッドウェイ海戦で破れ、太平洋戦争にも破れ、大日本帝国の崩壊にまで発展する。

欠陥住宅事件簿(事例紹介)断熱材の欠陥による被害:ストップ・欠陥住宅!日本建築検査研究所

Nothing is scarier than free goods.

世界の基本は等価交換であり、ただより怖いものはない。上記のFree Goodsとは恐怖の対象というのがこの地域の常識である。平安末期、朝廷の権威にしがみ付き贅沢三昧な生活をしている公家もいたが、高価な鎧や騎馬、日本刀で武装する武家もいた。両者は貴族という種族としては同じ種であるが、選択により未来が分離した。庶民も下記の足軽となり働く百姓もいたし、変化への適用を拒絶した人もいた。出典:足軽 – Wikipedia

無料というハウスメーカーのテレビ放送を信じることに誰も反対しない。価値がない情報に金を払う人はいないし、優秀な人も集まらない。誰が勝利したかをするのは簡単である。

有料メルマガ(機密及び断熱調査)

韓国や中国よりも低性能な日本の家

出典:日本の住宅、なぜ寒い 窓など断熱性能低く|ライフコラム|NIKKEI STYLE

私がいるドイツ圏や私の部下がいる英米エリアと比較して日本の新築住宅は安普請(ただし、価格は高い)ばかりである。政治家が政治を生活のために利用し、弁護士が正義より生活のために裁判を利用しているのと同じである。日本では多くの工務店やホームハウスは常に短期的利益を重視している。欧州住宅の多くは貴族や富裕層が建築しており、賃貸住宅が原則である。気候変動で30年ローンの家を購入するのはリスクが高すぎる。30歳で35年ローンで家を買えば、26年後には合板のノリは剥がれ防水紙や破れ(欧米では防水ゴム)、塩ビ管(欧米では鋳鉄管)は破水する。

多くのホームハウスが無料番組を流している。彼らの狙いはテレビCMであり、それを信じて老後破綻する日本人が激増している。無料の情報ほど有害で危険なことはない。

住宅ローンを借りた人が契約どおりに返済できないというのが全体の3割近くに上っている – 株式日記と経済展望

老後に備えて技能や技術を準備するか、老後に備えて相互扶助の機能集団に参加するか、何もしていないとカビに塗れて孤独死する。

有料メルマガ

激増の高齢者孤独死は「7割が男」という現実 | ソロモンの時代―結婚しない人々の実像― | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

ロシアが中東の親米国に武器の売り込みで攻勢をかけている。5日にはサウジアラビアと防空用の最新鋭地対空ミサイル「S400」の売却で合意、9月にも北大西洋条約機構(NATO)加盟国として米国と同盟関係にあるトルコと「S400」輸出契約を結んだ。一方、米国も6日にサウジへの弾道ミサイル迎撃用「終末高高度防衛(THAAD)ミサイル」の売却を決定しており、中東を舞台に米露の武器商戦が活発化してきた。ロシアとサウジの商談は、サウジ国王として初めてモスクワを訪問したサルマン国王とプーチン露大統領との会談で決まった。ロシア側は正式発表を見送っているが、アルアラビアなど中東の衛星テレビが報じた。これまで米英からの武器調達が中心だったサウジやトルコでの商戦成功は、中東でロシアの存在感が高まっていることを示している。ロシアの武器輸出額は米国に次いで世界2位。米専門家は「ロシアの主たる輸出品だった石油や天然ガスなどの国際価格が低落する中、武器販売は利潤幅が大きく魅力的」と分析。1日2億ドル(約220億円)に達するシリア内戦への介入費用の一部を回収する狙いもあると見られる。

出典:米露の武器商戦が活発化 中東舞台に

磨穿鉄硯

磨穿鉄硯(ませんてっけん)

強い意志を持ち続けて、達成するまで変えないこと。
または、休まず学問に励むこと。
「磨」はすり減らす、「穿」は穴をあけるということ。
鉄の硯に穴を空けるほど学問に励むという意味。

衆院解散に伴う野党の混乱ぶりを、日本政治を専門にする海外の研究者はどう見ているか。東京大学社会科学研究所の客員研究員として半年間日本に滞在し、調査・研究を行ったロシア出身の若手研究者コルシェーンコ・エレナさん(28)=ベルリン自由大学大学院博士課程在籍=は、民進党の分裂について「野党第1党が、できたばかりの誰も知らない新党に吸収されるのは世界を見てもあり得ない」と驚きを隠さない。また、新党に合流するために安全保障政策への態度を変えた民進党の前職らを「ご都合主義ではないか」と指摘した。(原川貴郎)

出典:【衆院選】ロシア人若手女性研究者「野党第1党ができたばかりの新党に吸収 世界見てもあり得ない」 民進党分裂劇に驚き

日本で一番勉強しているのは外国人の研究者である。日本の裁判に対しても彼らは一大汚辱として興味を持って調査している。彼らは目先の政治的戯曲より、本質の司法に対して興味を持っている。

<高知地方裁判所>
2017/10/23(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

出典:2015年度国民医療費、超高額薬剤の影響で3.8%と大幅増の42兆3644億円に―厚労省 | メディ・ウォッチ | データが拓く新時代医療

後期高齢者になると、医療・介護費用がこれまでとは段違いに多くなる。たとえば医療費は、全国民の平均は年間30万円程度であるが、70歳で80万円、80歳になると90万円になる。また介護が必要になる人の比率は、65歳では3%程度だが、75歳を過ぎると15%に上がり、80歳で30%、90歳で70%となる。後期高齢者の数に着眼すると、高齢社会になった1995年は720万人であったが、超高齢社会になった2010年には1400万人と倍増し、さらに2025年には、団塊の世代を含めて2200万人になると予測されている。この医療と介護の社会的費用がピークを迎える年が団塊の世代全員が後期高齢者になる2025年というわけである。

出典:2025年、社会保障制度は破綻の危機?団塊の世代全員が後期高齢者に – ライブドアニュース

真の貧困は「2025年」から始まる。
ソシオパスの告白

亡国の讎

は正字で、一般的には讐という文字が使われる。隹(とり)が並ぶことで平等な仲間のことである。対等な話し相手とは自己に対する相手=仇という意味である。親子は似ているから争い、兄弟は似ているから憎しみ合う。同じ巣において最後に待つのは共食いである。底辺が戦って勝てるのは最底辺だけである。その最底辺との戦いを避ければ、加齢によりいずれ自分より若い底辺に駆逐される。駆逐した底辺は経験値と恩賞により出世する。つまり、「世に出る」のだ。序列がある状態を秩序といい、序列がない状態を混沌という。亡国とは混沌の結果に過ぎない。金を出せば免罪符は得られるが、別に徳が増すことも強くなることもない。戦い続ければ経験値が増し、勝てば栄誉が手に入る。戦わない限り、永遠に勝てず、最後は負ける。

小池氏とツーショット3万円…公認予定者に請求 : 政治 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

日本での「失われた30年」が成立するのは2021年。 ムーディーズのエコノミスト、ファラツ・サイードはリポートで、日本の経済停滞が続き、アベノミクスが日本の成長エンジンに再点火することができず、インフレ目標も達成する可能性が低いため、賃金上昇は小幅にとどまり、日本は次の失われた10年に向かうと指摘した。長期予測 日本経済団体連合会のシンクタンク「21世紀政策研究所」は、2012年4月に“「失われた20年」の状況がこのまま続いた場合、日本は2050年頃に、先進国でなくなる”とする予測結果をまとめた。シミュレーションによると、労働力人口や資本ストックが減少することで、最も楽観的なシナリオでも、2030年から日本経済がマイナス成長になる可能性があるという。

出典:失われた30年 – Wikipedia

真実を知って戦うもよし、空想に逃げて最底辺になるもよし。最後の選択の時が来た。誰も強制しないし、誰も妨害しない。有料メルマガを購読