教唆罪

教唆犯は,実行正犯者に準じて処罰される (61条1項) 。人をそそのかして犯罪をさせた者は実行した者と同じ刑となる。弁護士は金を支払った依頼人の希望を確かに叶えた。憐れで哀れな年末を迎える敗北者となるだろう。ドイツより合掌

「子供を殺してください」という親たち 1 (BUNCH COMICS)

――カイゼルは去っても将軍が残る。将軍が去ってもナチスが現れる。

20年ほど前、同じ目的をもって「ゆとり教育をはじめる」と騒がれはじめたとき、筆者は予備校の教室で叫んでいたものです。

――この教育改革はかならず失敗する。

そして、この「ゆとり世代」が日本の経済を担うようになったとき、その教育改革の失敗のツケを20年、30年かけて支払わなければならないことになるだろう。

筆者の“予言”は的中し、ゆとり世代が社会人となるとそれまでの若者が当たり前のようにできていたことがまったくできない若者が続出し、産業界を狼狽(ろうばい)させました。そこに至ってようやく政府も「ゆとり教育」の失敗を認め、これを脱却することになりましたが、あまりにも遅きに失しています。

先日、文部科学省の馳浩大臣が「ゆとり教育と決別する!」と発言したことに関して、ゆとり世代の若者が「そうですか、我々は失敗作ですか」と反発したことが報道されましたが、残念ながらその通りです。まごうことなき「失敗作」です。

出典:笑止千万の教育改革、“エセ教師”がはびこる日本は「科挙」の二の舞:nikkei BPnet 〈日経BPネット〉


衆議院解散、事実上の選挙戦に突入 10月22日投票 写真4枚 国際ニュース:AFPBB News

それぞれの個人にとって重要なのは2017年10月22日ではなく2017年10月23日午後(高知地方裁判所)である。前回から急激に増加した傍聴人の数が全てを物語っている。真実を知る傍聴人や司法生が新時代のプレイヤーであり、勝利者だ。典型的な重度引きこもり無職のゆとり世代(1987年4月2日生まれ2004年4月1日生まれ)」である山内敏史被告(生年月日1990年1月25日)は、身近にいる元凶に気づくことができない。彼は症状であり、自然発生したのではない。子供の死を祈る親たち (新潮文庫)

なぜ「ゆとり世代」は自己肯定を求めるか 脳科学者 茂木 健一郎 

『我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ。』

- ウォーレン・バフェット -

歴史は繰り返す。しかし、歴史に学ばぬ者は同じ状況で同じ過ちを繰り返す

- ウィンストン・チャーチル -

<高知地方裁判所>
2017/10/23(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

針の眼Eye of the Needle

本書によると、イギリス側は41年、ドイツ側のスパイを二重スパイに変える「ダブル・クロス・システム」を監督する極秘組織として、「二十(XX)委員会」を創設する。このシステムの任務は、連合軍の上陸作戦はパ・ド・カレーであり、ノルマンディとノルウェーは牽制(けんせい)作戦に過ぎない、という戦略的欺瞞(ぎまん)作戦「フォーティテュード作戦」であった。作戦の指導部は天才と狂気の間のグレーゾーンで暗躍する担当将校であるが、彼らと一心同体の5人の二重スパイもそれ以上に変人ぞろいだ。セルビア人のプレイボーイ、カジノ好きの在仏ペルー大使の娘、ポーランド空軍将校、ソ連生まれのフランス女性、養鶏学の学位を持つスペイン人。この5人の工作員は、スペイン、ポルトガル、ヴィシー・フランスでドイツ側の担当将校と接触する。話術と演技力だけを武器にして、ドイツ軍上層部、果てはヒトラーまでも騙(だま)して盲信(もうしん)させ膨大な奨励金、担当将校すら羨むような鉄十字勲章をせしめた兵(つわもの)もいた。二重スパイの言動のチェックは至難の技だ。だが、イギリス側には予期せぬ助っ人がいた。ヒトラーと入魂(じっこん)の間柄のドイツ大使大島中将が彼との会話を詳細に外務省に伝え、それをアメリカが暗号解読しイギリスに伝えたからである。この英独情報戦は、さすが「スパイの最先進国」の異名を持つイギリス、完璧な勝利であった。(法政大学名誉教授 川成洋)
出典:英国二重スパイ・システム ベン・マッキンタイアー著 ドイツを欺いた情報戦の裏側 :日本経済新聞

(朝鮮日報日本語版) 【コラム】金正恩が韓国人の預金をゼロにする日 (朝鮮日報日本語版) – Yahoo!ニュース

図3にある通り、1992年当時、約6割の生活意識は「普通」だった。これがいわゆる「一億総中流」という日本独特の生活意識だ。ところが、2014年には「普通」と答える人は34.0%に減り、62.4%の人が「生活は苦しい」と回答している。ゆとりのある生活を送れている人は、わずか3.6%。日本人はどんどん貧しくなっているのだ。いったいこの国はどうなるのか。次回からは「税金」や「介護」といったテーマをあつかう。結論を先取りすれば、日本はこれから「貧しい国」に転落していく。われわれはその現実を踏まえたうえで、将来に備えておく必要がある。

出典:どんどん貧しくなっている日本人  – ライブドアニュース

真実を知らずに外交はできない。目を瞑って歩けば、怪我をする。簡単なことを言えば、真実を知るために行動する人間は勝つ確率が高く、無料ネット情報(フリーな宣伝情報)しか得られない人間は貧しくなる確率が高い。つまり、彼らの逆を歩けば安全ということだ。これは歴史的に実証されている。

未来を語る前に、

今の現実を知らなければならない。

現実からしかスタートできないからである。

- ピーター・ドラッカー -

<高知地方裁判所>
2017/10/23(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

TPP11と内陸持久戦略

米国を除く11か国で環太平洋パートナーシップ協定(TPP)を発効する「TPP11(イレブン)」の行方が不透明感を増している。11か国は2017年11月に大筋合意を目指しているが、調整は難航している。8月末にオーストラリアのシドニーで開かれた11か国の主席交渉官会合では多くの課題を残したまま閉幕、9月下旬に日本で開かれる会合の行方も見通せない。米国のトランプ大統領が17年1月、TPPからの離脱を宣言し、TPP発効は絶望的になった。TPPの発効には、国内総生産(GDP)の合計が全加盟国の85%以上を占める6か国以上の批准が必要で、1国でGDPの約6割を占める米国の批准なしに成り立たない。しかし今春以降、日本が呼び掛け、オーストラリアやニュージーランドが賛同する形で、米国を外した11か国だけでTPPをスタートさせようという調整が始まった。

出典:米国抜き「TPP11」に熱心な日本 本音は「実効性より形」?- 記事詳細|Infoseekニュース

日本の北朝鮮やトランプ政権に対する強制力と影響力は皆無である。何かアクションを行っても無意味を通り越して、やぶ蛇になる。現状、日本海から国籍不明の潜水艦がSLBMをアメリカに発射すればアメリカは自動的に北朝鮮を空爆する。空爆を受けた北朝鮮は韓国に侵攻し、韓国は反撃する。北朝鮮による先制攻撃が証明されなけれあ、成文法となっている中朝友好協力相互援助条約が発動される。中国軍と米軍は朝鮮半島で戦い、両軍が傷つく。漁夫の利を得るのは、ロシア、ドイツ(EU含む)、日本(TPP11含む)である。

ウクライナ問題とイラン問題の解決を目指すロシアはドイツと正面衝突する。この戦いで日本が麻痺状態であるならば、漁夫の利を得るのは日本(TPP11含む)である。太平洋戦争時で重要だったのは、ジェット技術、ロケット技術を大型潜水艦により日本に輸送できるかどうかであった。アメリカの戦艦や空母を10隻沈めても、体制に影響はない。しかし、ジェット戦闘機1000機と潜水艦が1000隻があれば内陸持久作戦が可能である。

ドイツにおけるMesserschmitt Me 163 “Komet”とMesserschmitt Me 262の生産数は合計約2000機弱である。当時のジェット機は航続距離が短く迎撃戦に特化していた。弱点は飛行時間が30分程度であった。つまり、B29の随伴は不可能であり、B29用邀撃戦闘機として最適である。ジェットは部品点数が少なく軽量化も可能であり、燃料の融通が効いた。日本はアメリカには勝てないがドイツはソ連に勝てる可能性はあった。ドイツがソ連を倒せばイギリスは和睦するしかない。そうなれば、アメリカの世論は和睦派と徹底抗戦派に分裂する。結果として、和睦となる。これは歴史の分岐点である。ロスト・メモリーズ 特別版 〈2枚組〉 [DVD]

有料メルマガ

真実を知るために行動することを誰も強制しないし、誰も妨害しない。単純に世界で何が起きているかを知ることが人生に必要なのか、不必要なのかの違いに過ぎない。それがTPP11の時代だ。  「75歳まで働け」という社会(佐賀新聞)

<高知地方裁判所>
2017/10/23(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

漸減邀撃作戦

出典:北朝鮮の国営メディアは、ミサイル発射時を撮影したとする映像を放送した

太平洋戦争における航空運用の実相
―運用理論と実際の運用との差異について―
由良 富士雄
要約
日本陸海軍は、第1次世界大戦の教訓を学びつつ、自らの運用構想に基づいてその航空運用理論等を発展させた。しかし、陸海軍とも実際の太平洋戦争の作戦において航空戦力を事前に想定していた形では用い得なかった。本小文では、陸海軍の航空運用理論と実際の運用を比較し、航空運用理論のどのような点が適応でき、適応できなかったかを明らかにし、その上で想定していなかった作戦において適応できた要因について考察する。

北朝鮮の水爆実験とICBMの発射が相次いでいる。多くのマスコミは真実も報道しているが、真実以外も報道している。大日本帝国は何をしてもアメリカ合衆国の首都ワシントンを陥落することはできない。しかしながら、ドイツ第三帝国はモスクワを落とし、対ソ戦で勝利する可能性があった。日本の戦略として、勝てない対米戦で戦力を消耗させることではない。対ソ支援ルートを遮断することである。基本的に裁判で多くの真実が表面化した。下記の裁判が日本より外国で重要視される理由である。黒の騎士団が展開しているドイツ及びEUは、来月のメルケル選挙が終われば、本格的な対露作戦を発動させる。
真実も報道するが、嘘も報道する日本のマスコミに頼る日本が勝てる可能性はない。しかし、嘘も報道するが真実も報道する日本が短期間で滅亡する可能性もまた同時にない。そして、リアルタイムで”スパイの血脈”が明らかにされる。そして、戦後が終わる。そして、真の恐怖の戦前が始まる…..

エンジン流出疑惑を否定=北朝鮮ICBMでウクライナ:時事ドットコム

【大前研一のニュース時評】北ロケット提供「疑惑」はウクライナじゃない ロシアでしか作っていない液体燃料も…  – zakzak

<高知地方裁判所>
2017/10/23(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

プーチンと北朝鮮と大麻

匿名犯罪者の追跡調査により弁護士を中心とした大麻ネットワークの解明に成功した。匿名犯罪者の特徴として現実に求められたり、しなくてはならない物事から意図的に注意や意識を逸らすことを行う。 実際に逃亡したり、無かった事にしようとしたりする。 大麻依存者は本能的に不快感を避けるためこの様な行動を取るが、多くの場合不利な結果をもたらす。

在特会が77万円、在日朝鮮人に献上 – ネットゲリラ

SNSでなりすまし、他人を罵倒 名誉権侵害で賠償命令:朝日新聞デジタル

経済的に不安定な人は、他人の言うことに耳を傾けない独裁的な政治家を支持しがちになる――。英国の研究チームが、世界の14万人へのアンケートを分析した論文を、米科学アカデミー紀要に発表した。チームは2016年の大統領選を前にした米国の750人を調査。トランプ氏はクリントン氏より「独裁的」とみる人が多く、貧困率や失業率が高い地域に住んでいる人ほど、トランプ氏に投票すると答えた。米国以外でも同じかどうかを確かめるため、69カ国の13万8千人を調べた。失業率が高い地域の人ほど、「議会や選挙を気にしなくてもいい強い指導者」を好んだ。「人生を自分でどれだけコントロールできているか」を自己評価した点数が低い人ほど、強い指導者を求めていた。チームはこの結果について、「世界の有権者が独裁的な指導者を選び続けるわけを説明するものだ」と考察している。(小宮山亮磨)

出典:貧しいほど独裁求める?英研究チームが発表 世界で調査:朝日新聞デジタル

現実逃避は犯罪を犯しても逮捕されないと考え、裁判で負けることがないと考える。「機動警察パトレイバー2 The Movie」の劇中、後藤隊長の台詞で 「戦線から遠のくと楽観主義が現実にとって替わる。 そして最高意思決定の段階において現実なるものはしばしば存在しない、戦争に負けているときは特にそうだ。」という名言を残している。

【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、ロシアのプーチン大統領は9日、北朝鮮が69回目の建国記念日を迎えたことを受け、金正恩朝鮮労働党委員長に祝電を送った。国際社会が対北朝鮮圧力を強める中、ロシアは友好関係を深めており、北朝鮮の核・ミサイル問題への対応をめぐっても、プーチン氏は対話による解決の必要性を訴えている。  プーチン氏は祝電で、「ロシアと北朝鮮の関係は友好と相互尊重の伝統に基づいている」と指摘。各分野の関係発展が両国民の利益になって「朝鮮半島と北東アジア地域の安全と安定の強化に寄与する」と強調した。

出典:金正恩氏に祝電=ロシア大統領―北朝鮮の建国記念日で | ニコニコニュース

北朝鮮の水爆とICBMは「スカッド(ミサイル)」と同じくロシア製であり、匿名犯罪者の裏にいるのはロシアのトロールである。民事裁判中に被告が逮捕されるという非常事態が発生した。匿名犯罪者の逮捕により大麻ネットワーク捜査は大阪に移った。京都府と滋賀県のラインから北朝鮮が浮上する。年内に新たな逮捕者が発生するだろう。犯罪者のパソコンとSNSを解析することで国際テロネットワークが顕在化する。この裁判は歴史の特異点であり、この裁判は先進国の司法史に永遠に

中露出身の留学生2人逮捕…立命大など在籍、大麻や麻薬密輸疑い 近畿麻取 – 産経WEST

金正恩暴走の影にロシアの支援あり、プーチンはなぜ北を守るのか | ロシアから見た「正義」 “反逆者”プーチンの挑戦 | ダイヤモンド・オンライン

<高知地方裁判所>
2017/10/23(月) 13:30 開廷
被告:山内敏史、中原正(徳永事務所から電話出廷)
代理人:徳永信一
関連情報サイト

高知地裁資料より抜粋(主要マスコミ経由で著名ジャーナリストが提供)