オバマの成功が生み出した脱真実の米国、トランプの時代がやってくる

20160110-00000004-wordleaf-05e8552d0d22a2c4c414fe9d17350378aオバマ氏は2008年に金融危機の最中の時に米国の操舵手を引き受け、10%に達する失業率を5%台以下に下落させ、米国の輸出は27%増やし貿易赤字は24%減らす記録を立てた。また、租税体系を改革し、女性など社会的マイノリティの権限を強化し、何よりもオバマケアを通じ保険適用を受けられない米国人の数を大きく減らした。 このようにオバマ氏が成果を出したのは、韓国のように大統領が強大な権限を持っていたからではない。妥協と疎通のリーダーシップがあったので可能だった。上院議員としてのオバマ氏は最も進歩的な議員だったが、大統領になってからのオバマ氏は共和党を過度なほど尊重し、進歩的目標を保守の言葉で訴えた。共和党をすがすがしく攻撃することを望む一部支持者には不満なことだったが、オバマ氏は目標を失って妥協するのではなく、目標に最大限近づくためには妥協しなければならないという所信を捨てなかった。   オバマ氏は品格ある疎通家だった。

出典:【時論】オバマの成功と朴槿恵の失敗(2) | Joongang Ilbo | 中央日報

オバマは経済危機に突入したアメリカでリーダーとして、順番を間違えました。彼はイラクやアフガンから撤退を成功させ、失業者を半分以下に減らし、輸出を増やし、貿易赤字を減らしました。人々を救うことをしましたが、妄想性人格障害者や反社会性人格障害者の駆逐を後回しにしました。そして、トンデモナイ鬼子が誕生しました。現実と妄想の区別がつかない『天動説』な人々です。

c8b2e546447df57e83d0c631351fec48

『ポリティファクト(PolitiFact)』によると、選挙期間中のドナルド・トランプの発言は、「ほとんど事実と異なる」「事実と異なる」「至急訂正が必要」が7割を占めている。次期大統領は、まともとは言えないツイートで、報道の方向性を指示できるようだ。今年、我々はとんでもなく”出鱈目な”新世界に足を踏み入れた。最近よく耳にした”虚偽のニュース”の先にあるものだ。しかしそれは、来るべき“脱真実(post truth)”環境の中心的要素なのだ。保守派の偏見で歪められ、民主主義を脅かそうとしている。
(略)
しかし虚偽情報時代が最盛期となったと今、時同じくして民主主義の衰退期に突入しているようにも思える。独裁政治と民族的国家主義は、欧米全域で足場を固めている。中立的な立場で現実を判断する仲裁者として機能する組織がなければ、我々は不安定な状況に甘んじる以外になく、“事実に基づく”意見の正当性について、どれだけ事実から離れてしまっているか、悩まざるを得ない事態になるだろう。

出典:“脱真実”のアメリカ、ドナルド・トランプの時代がやってくる

アメリカは間に合いませんが、日本はまだ間に合います。日本の匿名犯罪者は世界最弱であり、数も少数です。来年の第二次東京裁判、再来年の沖縄大裁判、これら10年裁判で匿名犯罪者は殲滅が終了します。
正義を執行する人は、正義の味方を集めます。しかし、傍観者は誰も助けないのですから、誰も助けてくれません。下流老人化を防ぐには、正しい行動をすることです。勇気がないなら、未来は変わりません。
「一億総下流時代」到来!? 若者が「下流老人化」を防ぐために今出来ること――NPO法人「ほっとプラス」代表・藤田孝典さんに聞く

米3州の票再集計、トランプ氏側が中止要求

【AFP=時事】先月8日に行われた米大統領選で、共和党候補のドナルド・トランプ(Donald Trump)氏勝利の鍵となったウィスコンシン(Wisconsin)、ミシガン(Michigan)、ペンシルベニア(Pennsylvania)の3州で行われる予定の票の再集計について、トランプ氏の弁護団や支持者らが2日、阻止に向けた措置に打って出た。

出典:米3州の票再集計、トランプ氏側が中止要求 (AFP=時事) – Yahoo!ニュース

ノーベル経済学賞の受賞者も述べています。これは韓非子という古書に書かれていることに似ています。魯丹は、三度も中山国の君に意見を述べたが、まったく聞き入られなかった。そこで側近に大金をばらまいて取り入った。そうしてお目通りがかなうと、今度はまだ何も話をしていないのに、君から食事の饗応を受けた。魯丹は退出すると、宿舎へも戻らず、そのまま中山国を去ることにした。その馭者(が不思議に思い、「これまで繰り返し会われて、ようやくこちらを優遇するようになったのに、どうして立ち去ってしまわれるのですか」と尋ねると、魯丹は答えた。「そもそも人の言葉によって私に善くしてくれたとすれば、きっとまた人の言葉で私を罪に落とすだろう」。

アドバイザーに経済学者はせいぜい1人

――ドナルド・トランプ次期大統領が掲げる政策をどうとらえていますか。

同氏の主張には根本的な問題がある。歳出を増やす一方で、全所得層への減税を実施し、米国政府の予算を均衡化すると言うが、三つを同時に行うことはできない。

守れない公約をするという意味で、彼はポピュリスト(大衆迎合主義者)のレッテルを張られてきた。公約の多くを破ることになるだろう。

──全所得層への大幅減税についてはどう思いますか。

富裕層が最も恩恵を受け、富める者がさらに富み、格差が拡大するだろう。

連邦最低賃金を(10ドル以上に)上げるとも主張しているが、これも実現不可能なことを公約している。引き上げてくれればいいとは思うが、共和党は反対の立場を取っている。トランプは、共和党が異を唱える多くのことを公約している。

そもそも共和党は、昔から行いが一貫しておらず、誠実でない。たとえば、民主党が政権を取ると財政責任を求めるが、自分たちが与党に回ると支出もいとわない。レーガン大統領は、歴代大統領の中で最大の連邦債務を作り、ブッシュ前大統領も莫大な債務を積み上げた。トランプ政権も、そうなるだろう。

私が知るかぎり、彼のアドバイザーはヘッジファンドやウォール街の関係者ばかりで、経済学者はせいぜい1人。彼の周辺には経済システムを理解する人がいないのだ。株式取引や投機売買なら知っているかもしれないがね。

出典:スティグリッツ氏警告「トランプは危険人物」 | 週刊東洋経済(政治・経済) | 東洋経済オンライン

大日本帝国は、中国にも勝てないのに、米国に戦争をして、多くの人命を失い、滅亡します。これは、匿名犯罪者に代表されるような虚偽記憶による認知バイアスにより発生しています。シンプルに言えば頭が悪いから、自分が愚かだということを認識できず、周囲を巻き込んで滅亡の歌を合唱しながら地獄に堕ちていくということです。

ポール・クルーグマン氏「トランプ政権で前例のない腐敗が起きる」

トランプを支える「バノン」の危険すぎる正体 | トランプ大統領誕生の衝撃 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

【エンタメよもやま話】米トランプ政権の要、バノン氏の正体…日本人も差別、事実を曲げ「シリコンバレーCEOはアジア人だらけ!留学生を帰せ!」 – 産経WEST

b598f2e7-s

タウ島とロシアの攻勢終末点

いよいよロシアが攻勢終末点を迎えました。タウ島での実験が本格化し、日本の匿名犯罪者対策である『沖縄大裁判』環太平洋統一国家連合構想の注目が集まります。

島全体を太陽光発電とバッテリーでまかなうテスラの理想を実現した「Ta’u Microgrid」 – GIGAZINE

イーロン・マスクが作る完全太陽光の島  WEDGE Infinity(ウェッジ)

ASKA容疑者、110番通報は注察妄想の可能性 (日刊スポーツ) – Yahoo!ニュース

日本人の一部は現実が全く認識できず、妄想の世界から抜け出せません。石炭で敗れ、造船で敗れ、鉄鋼で敗れ、パソコン家電スマホで敗れましたが、次は自動車となります。匿名犯罪者の妄言を野放しにした結果です。

2030年でガソリン車が消える?日本はどうする、世界中が電気自動車にシフト (オートックワン) – Yahoo!ニュース

プーチン大統領の急速な国防費の増大を背景とした戦略により、ロシアが軍事大国であることを世界に誇示することができたし、世界の諸問題の解決にロシアは無視することができない存在であることも世界が受け入れたと思う。img_275fdd291829ec90f8b95bdd5a437f4b31871しかし、ロシアのGDP(国内総生産)は、各種資料によると、米国、中国、日本に劣るのみならず、世界10位前後にまで落ちてしまった。経済力で米国や中国に圧倒的に劣るロシアが、大国としての存在感を誇示し得たのは、急速な軍事力の増強とその軍事力を効果的に使うプーチン大統領の巧みな戦略に負うところが大きい。しかしロシア経済の低迷のために、ロシア軍事力の低下は始まっているのだ。プーチン氏の「大国ロシアの存在誇示戦略」の限界が見えてきた

出典:ソ連崩壊と同じ道を再び歩み始めたロシア ロシアとの安易な提携は禁物、経済制裁の維持強化を | JBpress(日本ビジネスプレス)

真実を知る勇気があるなら、2016.12.7の裁判を傍聴することです。そうすれば、沖縄大裁判に参加することができるでしょう。

ASKA 覚せい剤の売人逮捕で「シャレにならない闇」が暴かれる – ライブドアニュース

フラウロスとしてのジョン・タイター

m_nishinippon-20161128114444424

出典:「浮島現象」を観測 冷え込み厳しく 長崎県五島市(西日本新聞) – goo ニュース

タイターの世界での出来事

  • 2000年問題によって起きた災害や混乱が、後の内戦の火種となる。
  • CERN2001年近辺にタイムトラベルの基礎理論を発見し、研究を開始する。
  • アメリカ国内でも狂牛病が発生する。
  • 2001年以降にそのうち中国人宇宙に進出する。
  • 2001年以降に新しいローマ教皇が誕生する。
  • ペルーで地震が発生(2001年にペルーでの地震をほのめかした4ヶ月後にペルー地震発生)
  • 世界オリンピック2004年度の大会が最後となり、2040年度にようやく復活する。
  • 2005年にアメリカが内戦状態になる。
  • 2008年、アメリカ合衆国の都市部で急激に警察国家化が進み、都市内部と都市外部で内部抗争が発生する。

中国に併合された3地域のその後については、様々な説が存在する。本項ではその一部を載せる。

その後、アメリカの外交権麻痺に乗じて、中華人民共和国覇権主義を強化。台湾日本韓国を強引に併合する。後にオーストラリアが中国を撃退するが、ロシアの攻撃により半壊滅状態になる。ヨーロッパ諸国もロシアによりほぼ壊滅するもアメリカが撃退し、ロシア連邦が崩壊する。
  • 2017年、30億人の死者を出した末、ロシアの勝利に終わる。

出典:ジョン・タイター – Wikipedia

少し読めば、想像つくでしょうがロシアの工作員が『ジョン・タイター』の正体です。そして、アメリカ大統領選挙で似た人間が勝利しました。ただし、長くは続きません。

ドナルド・トランプ氏に、タイムトラベラーのジョン・タイター氏と同一人物説|ニフティニュース

トランプはプーチンの操り人形? | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

日本最大の大麻ネットワークは、botの解析と海外プロキシサーバーの証拠で壊滅状態となりました。残る麻薬システムも、順次、殲滅して消滅するでしょう。彼らを破滅に追いやった匿名犯罪者は、彼ら自身がケジメをつけるでしょう。沖縄大裁判は映画化されるのが大前提です。後世の時代、小学校の教科書にも掲載されるでしょう。

参考:ASKA元被告 覚せい剤使用容疑で再び逮捕へ 自ら警察に通報 尿検査で陽性 ― スポニチ Sponichi Annex 芸能

flauros2

72人の魔神で最大の嘘つきが『フラウロス』です。魔法陣の三角形の中にいないとフラウロスは必ず嘘をつく、序列64番の地獄の大公爵がタイター計画の本質です。

◆アイデンティティを示すために拡散?
CNNは、虚偽のニュースがなぜオンラインで広がるのか分析記事を掲載した。記事によると、ニュースをシェアするという行為は、単に情報を知らせるだけでなく、「アイデンティティのマーカー(印づけ)」として行うのだという。人はグループに分かれる傾向があり、自分自身のグループとの結びつきを大切にする。リアルな世界であればこうした社会的なアイデンティ(どこに属しているか、ということ)は服装や食べ物などで示すが、オンラインの世界では、物質的なマーカーはそこまで大きな意味を持たない。そのため、自分が属するグループとの繋がりを、そのグループの志向や信念を反映した記事へのリンクを投稿するという行為で主張するのだ。こうした心理により、信憑性が低い記事でも拡散されることになる。

出典:大統領選にも影響!? 嘘ニュースの脅威、米国で社会問題化 人はなぜ拡散に加担するのか? | ニュースフィア

多数派がインフルエンザに罹患して、健康な人が少数派になっても、正しい人は健康な人です。数が多いことと、真実は全く関係がありません。真実を知るためには裁判を傍聴することが最良の行動です。

正しさよりも共感できるかどうか
ネットは間違った考えも補強してしまう
もう1つの意見は、ネットは真実の探求を阻害し、むしろ人がすでに持っている自分の意見や信念を、それが間違っていても補強してしまうことが影響した、という考えです。
これまでも多くの心理学者が、人は多様な情報に直面すると、合理的に正しい情報を選択するよりも、思い込みやバイアスに従った選択、具体的には自分の考えに近い情報を選択し、それ以外の情報を避ける場合が圧倒的に多いことを証明してきました。
ネット上では、こうした行動が確実に起きることになります。ニュースを提供するサイトが無限にあるので、自分の考えが偏ったものであったとしても、その考えにそぐわないニュースはどんどんスキップすれば、いずれ自分の考えに合ったニュースを発見できます。それを見て「自分の考えはやはり正しい」と勝手に確信し、ソーシャルメディア上でシェアすれば、ネット上でそうした偏ったニュースがどんどん拡散し、同じような考えの人たちの信念を補強してしまいます。

出典:トランプ支持者に判断を誤らせたネットの「脱真実」現象|岸博幸の政策ウォッチ|ダイヤモンド・オンライン

ここから、新章が開幕します。おしまいの人間始まりの人間の物語!

大統領選敗北でも世界へ拡大するトランプ現象 白人が謳歌した「過去」への回帰を求める少数勢力 | JBpress(日本ビジネスプレス)

星屑の復活

日本社会には、野性獣心、反復して定まりなし』と呼ばれる匿名犯罪者がいる。そして、病んだ日本社会には、クズと呼ばれる人々もいる。彼がクズで終わるか、星屑になれるか、その違いは悪と戦った経験のみである。

1920px-siege-alesia-vercingetorix-jules-cesar

出典:ウェルキンゲトリクス – Wikipedia

そして、沖縄大裁判に向けて、船団が集結しつつある。そう、新章が始まるのだ。

『コードギアス』新プロジェクト始動復活のルルーシュ 全3章の劇場総集編も – Ameba News [アメーバニュース]

真実を知りたい人は、2016.12.7(アメリカ時間の真珠湾攻撃記念日)img_4753に裁判を傍聴するだけであり、その程度の行動も起こせない人間は星屑には決してなれない。六等星でも必死になって輝く奴もいる。塵さえも怒りで行動すれば光を放つ。生きる為の目的や物語に行動する正義の執行者もいれば、野性獣心、反復して定まりなし』と呼ばれる匿名犯罪者もいる。そして、既に勝敗は決した。それが『第3章』である。たった一人で悪と戦うか、それともゾンビになるか、仲間と悪と戦うか、その岐路だ!

今年度で終了『一般人最後の入り口メルマガ(裁判ネタは相場ネタ以上に人気があり過ぎ)

img_4733

長野ネストと麻薬戦争

%e9%95%b7%e9%87%8e%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%83%88

出典:“大麻所持”男女22人逮捕 長野の集落を一斉捜索

 過疎地の集落で大麻を所持したとして、厚生労働省関東信越厚生局麻薬取締部は25日、長野県大町市や同県池田町などに居住する27~64歳の男女22人を大麻取締法違反容疑(所持など)で逮捕、送検したと発表した。容疑者たちは県外などからの移住者で、大麻を使用しながら音楽イベントなどで交流を深めていたという。同部は「ゆるやかな大麻コミュニティー」が形成されていたとみて、実態を調べる。

出典:毎日新聞

日本を蝕む麻薬とゾンビ、これを『麻薬戦争』と後世の歴史家は言います。日本最大の大麻工場は壊滅し、長野ネストは消滅しました。東京裁判を経て、沖縄大裁判へと向かいます。正義を執行するか、傍観者として日本を滅ぼす連中を放置するか、あなたの運命分岐点です。最初は真実を知るために裁判を傍聴しましょう。

出典:「山で大麻栽培し使った」長野22人逮捕|日テレNEWS24

ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法が廃案へ

 世界金融危機の反省から、米国は民主党のバラク・オバマ政権の下、国際金融規制よりも厳しい独自の国内規制、ドッド・フランク法(金融規制改革法)を導入。「大き過ぎてつぶせない」という問題を解決するため、当局の銀行監督権限を強化し、銀行には自己資本やリスク許容範囲などに関する規制強化を突き付けた。ところが、トランプの政権移行チームはそのドッド・フランク法を「取り除き、新政策に置き換える」と発表。これが米銀の収益の追い風になるとみられ、ウォール街はトランプ勝利がもたらした一足早い“春”を謳歌している。

出典:オバマの規制強化に苦しむウォール街にトランプ勝利の追い風 「週刊ダイヤモンド」2016年11月26日号特集「トランプノミクスの正体」より|Close-Up Enterprise|ダイヤモンド・オンライン

日本では匿名犯罪者と正義の執行者が戦い、アメリカではトランプと半トランプ派の戦いが始まりました。ドッド=フランク・ウォール街改革・消費者保護法によりアメリカはリーマンショックから立ち直りつつありました。それの廃案をトランプは実行します。

トランプの後ろには、チャイナロビー(五毛)がいます。

習近平・トランプ電話会談――陰には膨大なチャイナ・ロビー(遠藤誉) – 個人 – Yahoo!ニュース

トランプが勝利したのは、ロシアとイスラエルの諜報網とチャイナマネーの力です。しかし、それを選択したのはアメリカ人であり、日本人は匿名犯罪者の撲滅に集中する時です。

クリントン氏の得票数リード、200万票超に拡大 米大統領選:AFPBB News

CNN.co.jp : 米大統領選、3州で不正操作か 専門家が不審な傾向を指摘

すでにアメリカ合衆国の内乱を止めることは不可能でしょう。日本人も、今ならまだ大麻ネットワークを壊滅し、正義を執行することができます。

自民・小泉氏「米国が入る形のTPPは消えた」との認識示す-FNN

日本の企業文化が新鮮
「韓国で生まれ育ちました。幼い頃からピアノを習っていて、将来は音楽の先生になるのが夢でした。それが中学校で化学の授業が始まると、原子や分子の面白さに魅せられて。完全にとりこになったのは高校時代です。理論で教わったことが現象として目に見える実験はワクワクするばかり。ピアノ中心だった生活がガラッと変わりました」php4tgggn_582ed19e727ef「大学ではもちろん化学を専攻し、研究の道を究めたいと大学院にも進みました。ナノ粒子を用いてがんを高感度で測定したり、検出したりする仕組みを構築するのは楽しかった。東京工業大学の三原久和教授とお会いしたのは、そんな時。ペプチド工学を使ったケミカルバイオロジー研究に刺激を受け、ナノ粒子と組み合わせた研究をしてみたいと直感的に思いました」「東工大大学院では4年半を過ごしました。応用研究が主体の韓国に比べ、日本は基礎研究に重きを置く印象です。とにかく上を目指すことを求められる競争社会になじんでいただけに、みんなで話し合い一緒に進めようとする日本の企業文化も新鮮でした。どちらも長所・短所はありますが、視野が広がったことは間違いなくプラス。この感覚は仕事でも役立っています」

出典:韓国出身のリケジョが日本の化学に魅せらた理由 (ニュースイッチ) – Yahoo!ニュース

アメリカの内乱は、韓国の消滅となるでしょう。そして、アメリカを除いた環太平洋統一国家構想が実現します。その為に必要なことが、匿名犯罪者の撲滅であり、一般人が真実を知る為に、裁判を傍聴することです。裁判で匿名犯罪者に勝利した人々は、環太平洋統一国家で地位が得られるでしょう。

ビジネス・インサイダー:米カリフォルニア州独立派がロシアに「大使館」開く意向

大麻200グラム所持で28歳の双子を逮捕(滋賀)

 自宅に大麻200グラムを所持していたとして、滋賀県警大津署は22日、大麻取締法違反の疑いで、奈良県天川村の無職、紀埜翔伍被告(28)と弟の無職、宏介被告(28)=ともに同法違反で起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。

出典:とんでも双子…「2人で使うために持っていた」大麻200グラム所持で28歳の双子を再逮捕 滋賀県警 – 産経WEST

匿名犯罪者を調査する過程で、SNSのフォロワートレースが必然的に発生した。そして、海外プロキシ(Proxy=代理)サーバを調査で、日本最大の大麻ネットワークに到達した。その原点となったBotを包囲することで、アレシアの戦いの再現となる。siege_dalesiaウェルキンゲトリクスを泳がすことで、国内外の通信キャリアのログを調査当局は入手し、ハリウッド映画の脚本家も大喜びである。その詳細は、来年から始まる『第二次東京裁判』を傍聴することで全てが公開される。地震に津波、そして、次は保護主義と世界恐慌の果てに、が始まる。FUTURE WAR 201X年が始まる。
198X年―Future war (1982年)

TPP発効不可能に トランプ氏「就任初日に離脱」表明:朝日新聞デジタル

米・トランプ大統領が「第3次世界大戦」を引き起こす日!(1)トランプパイプを持つ閣僚 | アサ芸プラス

世界は核戦争を心配し日本の若者はLINEする

■「他者への想像力の貧困」

また言い換えると、誰も社会全体を「想像」しようとしないのが階層社会の姿のようだ。下層になれば、だんだんめんどくさくなるあるいは下層ゆえにその能力を持っていない中層と上層は(日本は4割と2割程度)階層化についての想像力を持つ必要がないので、従来問題(たとえば「ひきこもり」)に留まる。

出典:アメリカの若者はカクサに怒り、日本の若者はLINEする(田中俊英)  – Yahoo!ニュース

匿名犯罪者との裁判が日本各地で発生しています。その特徴を簡単に言うならば、上記の記事です。2017.12.7日の裁判を傍聴すれば、近い将来の自分自身を知ることができます。しかし、現実感がない底辺も少数いますが、最底辺となります。
7055a4868ccbd5982807bce95f343295出典:日本の公務員賃金は10年連続で世界最低、公務員賃金が最も高いデンマークは「世界で最も幸福な国」、安倍政権下で公務員賃金がこの18年間で最低になった日本は幸福度53位に落ち込む | editor

公務員の給与は政治家が決めます。政治家は国民が選挙で決めます。匿名犯罪者を見ても、戦わない人間が多数派となれば、現在の日本が誕生します。子供の学校でイジメが問題になるのは、いじめっ子ではなく、傍観者に問題があります。これを最後の人間と言います。『「末人」とは「最後の人間」とも訳されます。ひとことで言うと「安楽がよい、冒険しない、憧れというものを持たない」という人間です。「ツァラトゥストラ」の中では、ニーチェは「末人」のことを「末人はノミのように根絶しがたい」と言っていますが、末人とは日本の匿名犯罪者です。』

「最後の人間」は気高い貴族的精神を失い、命がけで戦う信念も勇気も持たずに付和雷同的に周囲に同調して媚びへつらい、目先の利益には聡いブルジョワ的な小利口な人間であり、軽蔑すべき畜群である。だから翻訳者によっては、ラストマンのことを「末人」「おしまいの人間」などと翻訳している。

出典:歴史の終わり – Wikipedia

幸い日本の末人(おしまいの人間)の数は少数で、沖縄大裁判から15年で蚤のように駆逐できるでしょう。panhaikyuu権力者には勝ち目がないという説明をする傍観者も、必ず勝てる匿名犯罪者との戦いには根拠がないからです。ここにあるのは、正義を愛する心があるか、それともその場限りの言い訳を繰り返し、最後に勇者に討伐されるかです。核戦争が起きれば数に限りがある配給は、前科者やその家族は後回しとなるでしょう。正義の執行者と悪徳の匿名犯罪者との戦いを通じて、人々は最初の人間、始まりの人間へと覚醒していきます。この裁判は長い長い戦いになるでしょう。

【三井美奈の国際情報ファイル】トランプ政権発足、イラン核合意は破綻の危機 中東に核戦争の危機再び  – 産経ニュース

北の核「もはや危機は我々の戸口にまで来ている」  WEDGE Infinity(ウェッジ)

プーチン露大統領:ルーマニアでの米MD運用に警戒感 「核戦力の一部」 – 毎日新聞

米軍、在トルコ米軍基地に配備している核兵器をルーマニアに移送へ – BusinessNewsline

ソクラテスの弟子

david_-_the_death_of_socratesソクラテスは無実の罪で死刑になりました。しかし、アテナイの市民が彼を死刑にした理由を知れば、当時の世相を考えれば納得はできなくても、理解はできるでしょう。
プラトンが記した『ソクラテスの弁明・クリトン (岩波文庫)』を読みましょう。ソクラテス自身は「使命を果たさんとして語るとき、誰かそれを聴くことを望む者があれば、青年であれ老人であれ、何人に対してもそれを拒むことはなかった」「貧富の差別なく何人の質問にも応じ、問答してきた」だけであって、「かつて何人にも授業を約束したことも授けたこともなく」「いまだかつて何人の師にもなりはしなかった」と記しています。ソクラテスの考えでは彼に弟子は一人もおらず、せいぜい弟子と看做されている内の何人かが彼にとって友人・仲間であったに過ぎない。
簡単に説明をすれば、ソクラテスの技術や名声を欲した腹黒い人間が、ソクラテスの弟子という虚構の物語を作り、アテナイを破滅させます。クレオンは、アテナイ全盛期を築いたペリクレスから弁論術を学び、ペリクレス亡き後に権力を握ります。口だけ達者な実力不足の人間であるクレオンはデマゴーグという現在の意味を作り出した人物です。デマゴーグという言葉自体は無定見な扇動政治家という風なイメージがあるが、本来は民衆の指導者という意味の言葉です。彼が戦死した後も、アテナイ市民は扇動政治家に踊らされ続け、愚かな判断を重ねた挙句にスパルタに破れます。
その一人がアルキビアデス、(ソクラテスの弟子を自称)です。Wikipediaによれば『彼(アルキビアデス)は才能、容姿、家柄、人望全てにおいて卓越した人物であったようであり、徳にせよ悪徳にせよ彼に勝る者はいないとまで言われた。彼の美貌は男性・女性ともに愛され、愛人が絶えなかったようである。また、弁舌の才にも恵まれており、他者を言い負かしたり、民衆を扇動することに優れていた。』未知の敵を破る技術は持っていませんでしたが、既知の味方の弱点をスパルタ(敵)に指導する力量は抜群でした。彼の戦略により、スパルタはアテナイを完全に圧倒します。
次のソクラテスの弟子を自称したのがクリティアスです。名著『キュロスの教育 (西洋古典叢書)』を執筆したクセノポンは『ソクラテスの思い出』の中で、クリティアスがソクラテスの弟子になったのは、自身の修練のためではなく、敵の裏をかく技術を会得するという政治的目的のためだったと非難しています(Xen.Mem.i.2.12-18)。ソクラテスの弟子だったクセノポンの息子は名将で有名なエパメイノンダスを打ち取っています。エパメイノンダスの人質がアレクサンドロス大王の父、フィリッポス2世です。現代と同じで、世界の著名人は必ず人脈でつながっています。これをスモールワールドと言います。Wikipediaには、『次々に反対派を死刑や国外追放に処し、ソクラテスに「次々に牛を減じて質を悪化させた牛飼い」と皮肉られる。これを受けクリティアスは、ソクラテスに30歳以下の若者との会話を禁じた。』

ソクラテスの弟子(友人や仲間)はプラトンやクセノポンですが、赤の他人である第三者からは、クリティアスアルキビアデスソクラテスの弟子に見えました。ソクラテスの不幸は、自分が無知であることを知っていましたが、その結末までは見えなかったということです。ソクラテスは医者と議論し、病気の原因がわからないのに病気の根本的な原因がわからないから無知だと判断しました。医者は病気の根本原因は知らないでしょうが、治療法はソクラテスよりは経験と学問から知っています。有能な人間は必然的に細心の注意を払っても、面識のないキチガイから被害を受けます。少なくとも、人格障害者に好かれる(自称弟子)よりは、嫌われている方が無難です。もし、ソクラテスがアテナイを衰退させたアルキビアデスやクリティアスのであるとアテナイ市民から見られていたのであるならば、彼をよく知らない第三者からも尊敬と敬愛を得ていたでしょう。

42歳男、中1少女のカバンに「好きです」のメモ ストーカー容疑で逮捕

「安倍首相と素晴らしい友人関係に」トランプ氏がFBで:朝日新聞デジタル

【米大統領にトランプ氏】トランプ派・高須克弥院長もツイッターで勝利宣言 「逆張り大成功」「彼は日本を対等の友人にしようとしてる」 – 産経ニュース

pelop_krieg1

アメリカは3つに分裂しました。北部ウォール街チーム(金融)中西部及び南部チーム(軍産複合体)、西海岸チーム(ハイテク)です。ユーラシア大陸でも、欧州連合ロシアとイスラエル、トルコの枢軸チームと中華圏チームに別れました。日本国内では、傍観者=見て見ぬフリをしている人のチーム(傍聴人)匿名犯罪者チーム(被告)、正義執行者チーム(原告)に別れました。やっていることはソクラテスの時代と大差はありません。違うのは演じている人種や地域が違うだけです。アテナイ市民は、社会の傍観者となり、因果応報で犠牲者となります。最終的にギリシャ世界を支配したのはマケドニアであり、ローマです。汗や血を流さない人間の末路ほど惨めな者はありません。

福島生徒いじめ:「被害150万円」学校動かず 神奈川県警の調査後 – 毎日新聞

8ee5b74a-s8f36cc43-s